ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口百恵&桜田淳子の「ピンク・レディー動画」が大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 30秒の動画が目下話題になっている。その動画とは、山口百恵(57才)と桜田淳子(58才)が、ピンク・レディーの『渚のシンドバッド』を歌う映像。1978年4月に放送された音楽番組『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)のリハーサル時のことで、リハに間に合わなかったピンク・レディーの代役を急きょ2人が務めたワンシーンだ。

 当時19才の2人。普段着のままマイクを手に持ち、少し照れたようにはにかみながら歌いはじめる。淳子の手には自身が着る予定の衣装が握られ、よほど“緊急事態”だったことがわかる。にもかかわらず、2人は振り付けも披露。時折、不安げにチラリと隣を見やる箇所もあったが、サビは完コピ!

 6月中旬、SNSにこの動画がアップされるとまたたくまにネット上で拡散された。今や再生回数は100万回を超え、ツイッターで4000回以上リツイートされた。

 ピンク・レディーは1976年にデビュー。『ペッパー警部』『S・O・S』『カルメン’77』と大ヒットを続け、『渚のシンドバッド』で初のミリオンヒットを記録した。1978年4月といえば『サウスポー』を発売してすぐの頃。

 一方、百恵と淳子は1973年の同期デビューで、森昌子(57才)と合わせて「花の中三トリオ」と呼ばれた。同じくこの頃は人気絶頂で、百恵は『プレイバックPart2』や『絶体絶命』『いい日旅立ち』をリリース、桜田も出せば「ベストテン入り」の時期だった。

「このリハーサルの時、ピンク・レディーはデビュー2年目でした。百恵や淳子ら超トップアイドルも平均睡眠3時間といわれる忙しさでしたが、彼女たちは1時間というありえない状況。リハーサルの時間さえなかったんです」(芸能関係者)

 ちなみに1978年のレコード大賞はピンク・レディーの『UFO』と百恵の『プレイバックPart2』、沢田研二の『LOVE』の三つ巴戦で、ピンク・レディーが大賞を受賞している。そんな中の「奇跡のコラボ」に往年のファンは当時の興奮が蘇ったようだ。

「国宝級ですよ! 幻の映像です! 本家顔負けです! もう一度見られてよかった!」(59才・会社員男性)

「百恵ちゃんたちの方が先輩なのに、代役を務めるなんてスゴイ。しかもうまい」(58才・主婦)

 何度も何度も繰り返し見ているという声も多かった。

「もう一度、彼女たちの生歌を聴きたい」──そう思わずにはいられない。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
橋本治と内田樹が三島由紀夫やピンク・レディーなど語る本
『スター誕生!』Dが明かす 小泉は天才型、中森は熟成型
初代タイガーマスク 好敵手D・キッドとの無観客試合の秘話

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP