ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏休み「お盆玉」の憂うつ 「孫に会うのにカネ必要…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 すでに全国各地で真夏日を記録するなど、夏休みシーズンが近づくにつれ、孫の帰省を心待ちにしているシニアも多いはず。だが、ここ数年、新たな夏の風物詩に苦しめられている高齢者が増えているという。

 東北地方に暮らす佐々木雄二氏(仮名・63歳)が、ため息まじりに打ち明ける。

「お正月とお盆に遊びにくる孫の顔を見るのが楽しみだったのですが、去年ぐらいから孫との時間を心から楽しめなくてね。昨夏、孫の『お盆玉ちょうだい』って言葉が頭に残っていて……。孫に会うにも、お金が必要な時代なんですかね」

 聞き慣れない言葉だが、この「お盆玉」が夏の新常識となりつつある。

 お盆玉とはお年玉のお盆版のことで、山形県の一部地域で江戸時代に行なわれていた風習が起源とされている。当時、奉公人に衣類や下駄を贈る「お盆小遣い」という風習があり、昭和初期に子どもにお小遣いをあげる習慣に変化したと言われている。

 現代によみがえったのは、山梨県に本社を構える企業が2010年に「お盆玉」を商標登録し、ポチ袋を「お盆玉袋」として販売したことがきっかけだ。2014年からは郵便局も取り扱うようになると、一気に全国へと広まった。日本郵便の広報担当者がいう。

「2015年のお盆玉袋の売り上げが前年を上回ったことからも、需要は確実に高まっていると感じています。今年の売り上げも、昨年を上回ると予想されています」

 お盆玉の相場はお年玉と同等、もしくはそれよりも若干少ない金額とされている。ちなみにお年玉の相場は、「年齢÷2×1000円」が一般的だ。

 思いもよらぬ新たな文化の出現に苦悩するのは、冒頭の佐々木氏をはじめとするシニア世代だ。

 佐々木氏は妻との2人暮らしを、年金でやりくりしている。そのため、孫への出費は、正直痛手である。それにもかかわらず、彼らは出産祝いに始まり、七五三、入園入学祝い、お年玉など、かなりの額を孫に“投資”してきた。

 ソニー生命保険が2015年7月に全国のシニア(50~79歳)を対象に行なった『シニアの生活意識調査』によれば、過去1年間で孫にどのようなことをしてあげたかという問いに、72.5%もの人が「おこづかい・お年玉・お祝い金をあげた」と回答。孫のために使った金額の平均は、11万1375円となっている。

 さらにこれが、孫を含めた子ども夫婦への金銭的援助となると、その額は大きく跳ね上がる。サンケイリビング新聞社発行の育児情報誌『あんふぁん』が、幼稚園児を持つ女性を対象に実施したアンケート結果を見ると、不動産購入時の頭金やレジャー代なども含む祖父母からの援助金は、1年間で平均74万7526円にのぼる。

 近年では過度な資金援助による「孫破産」が問題視されるなど、孫への出費が負担になっているケースは珍しくない。そこへきてお盆玉までが追加されるとなると……。2人の娘に計4人の孫を持つ東海地方で暮らす佐藤浩氏(仮名・62歳)は、こう嘆く。

「帰省時の交通費や滞在時の外食費なんかも全部私が出す。しかも、それが4人分ですから大変です。

 それなのに、我が家でも一昨年からお盆玉制度が導入された。1人3000円で計1万2000円。正月だけならまだしも、これを年に2回だなんて」

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
お年玉ない皇室 故高円宮殿下は同級生羨ましかったと語った
最新年賀はがき 復興支援お年玉付やシウマイ引き換え券付も
高齢者悩ます「お盆玉」 郵便局ポチ袋販売額は前年比106%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP