ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トークイベント「どうなる日本語ラップ!?」 DJ HAZIME、DABO、KEN THE 390登壇

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『サイゾー』2016年6月号(Kindleのスクリーンショット)/『ユリイカ』2016年6月号
総合情報誌『サイゾー』と批評誌『ユリイカ』によるトークイベント「どうなる日本語ラップ!? 〜多角的に検証するムーヴメントの向こう側〜」が、6月30日(木)19時半より、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOにて開催される。

DJ HAZIMEさん、ラッパーのDABOさんとKEN THE 390さんに加え、音楽ライターの大前至さんが司会進行役として登壇し、日本語ラップシーンにおける空前のフリースタイルブームの行く末を語り合う。

『サイゾー』『ユリイカ』両誌の合同主催イベント

『サイゾー』6月号と『ユリイカ』6月号では、日本語ラップに関する特集が組まれ、それぞれタイプの異なる両誌が同時にこのジャンルを扱ったことが一部で話題となった。
[![http://kai-you.net/article/29098]!]

そんな両誌が合同主催する本イベントでは、「高校生RAP選手権」や「フリースタイルダンジョン」といったMCバトル番組をはじめ、日本語ラップの中でもとりわけフリースタイルが盛り上がりを見せている現状と、その行く末を多角的に検証していく。

登壇者は、DJ/音楽プロデューサーとして活動するDJ HAZIMEさん、その盟友であり音源のリリースやライブ活動も精力的に行っているベテランのDABOさん、「フリースタイルダンジョン」審査員として出演もしているKEN THE 390さん、そして国内外のヒップホップアーティストやシーンに詳しい音楽ライター・大前至さんの4人。

会場では、『サイゾー』『ユリイカ』両誌の関連バックナンバーも展開される。

引用元

トークイベント「どうなる日本語ラップ!?」 DJ HAZIME、DABO、KEN THE 390登壇

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP