体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【誰でもカンタン!】自宅でふわっふわの「お好み焼き」が作れた!

f:id:uralatokyo:20160518150158j:plain

ホットプレートも鉄のフライパンも持っていませんが、家で「お好み焼き」を作りたい!

しかも具だくさんでふわっふわの、おいしい「お好み焼き」を。

「お好み焼き」って、外食だとあまりコストパフォーマンスがよくない印象を受けます。粉とキャベツと少々の具で、うーんあの値段。しかもお店の人が作ってくれるのならまだしも、自分で作るお店となると、テンションも下がります。なぜお金払って自分で焼かなくちゃいけないの(それが楽しい人もいるのでしょうが)。

けれど「お好み焼き」は食べたい。だからチャレンジしましたよ!

ちなみに焼きそばの入った「広島風お好み焼き」は、「お好み焼き」より焼きそばの存在感があまりに大きいので、今回は焼きそばの入っていない「お好み焼き」を作ります。

用意した材料はこれ。

f:id:uralatokyo:20160518150227j:plain

お好み焼き粉を買ってきました。その袋に表示されている通り、2人前の分量です。

お好み焼き粉100g、キャベツの粗みじん切り300g。

これ、ちょっとびっくりしましたよ。「お好み焼き」にはキャベツがどっさり入っていることは知っていましたが、ここまで入れるとは! せっかく家で作るので、具は豚バラ肉と海老の2種をメインで。

写真は撮影用にちんまり盛りましたが、実際は豚バラ肉100g、海老12個入れました。

ほか、紅ショウガ、揚げ玉、干し海老を適量、玉子1個。ここまでが袋に記載されていた材料です。

今回はふわっふわな「お好み焼き」を目指すので、すりおろしたやまと芋60gも追加しました。お好み焼き粉には粉末やまと芋が含まれているのですが、あえて加えるのです。これがふわっふわにする秘訣です。

それから秘密兵器として、かつお粉も小さじ1ほど投入。少し玄人っぽい味になったらラッキーという目論見です。

さあ、作っていきますよ。

f:id:uralatokyo:20160518150244j:plain

最初はお好み焼き粉と水150ccだけ混ぜ(ざっくりでOK)、それから豚肉を除く残りの具材を加えて、ボウルの底からすくうように混ぜます。空気を含ませるような感じで混ぜるとふわっふわ感がさらに増すのだとか。

f:id:uralatokyo:20160518150304j:plain

フッ素加工のフライパン(直径20cm)に薄く油を引き(側面も忘れずに!)、1人前のタネを落とします。その上に豚バラ肉を乗せます。センスない置き方は見逃してやってください。

弱火でじっくり、7~8分かけて焼きました。フライパンとタネがくっつかないよう、少し振ったりします。ヘラでぎゅっと押すのはNG! 決してやってはいけません。フライパンにふたをすると、さらにふわっと感が増すとのことなので、撮影する時以外はふたもしました。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。