体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人もワクワク!おすすめ工場見学スポット【岐阜編】

大人もワクワク!おすすめ工場見学スポット【岐阜編】 セラミックパークMINO5

テレビやあまたの雑誌で人気の工場見学。

昔はツアーでしか行けなかったものが、個人でも行けるようになり、おでかけへのハードルがぐっと下がりました。

今回はそんな工場見学の中でも、岐阜県の工場見学をピックアップ!

名品の多治見の陶磁器、美濃和紙などのメジャーなものから、ギターや日本酒、ダムまで…。

見て、食べて、作って、買って…。

予約がいるところもあるので事前にしっかりチェックして旅の予定を組んでみてください!

セラミックパークMINO【岐阜県多治見】

ユニークな造りの近代建築と個性豊かな現代陶芸が融合。

セラミックパークMINO1 建物は世界的に有名な建築家・磯崎新氏の設計。中庭やアプローチ、ベンチなど、いたるところに陶磁器を使用

陶磁器が埋め込まれたトンネルのアプローチを抜けた先にある、近代・現代の陶磁器がテーマのミュージアム。宙にぶら下がっている展示室が特徴の岐阜県現代陶芸美術館、陶芸体験ができる作陶館、ギャラリーショップなどからなっています。2016年秋にはレストランもオープン予定。

岐阜県現代陶芸美術館

「陶芸の現代」をテーマに、国内外の近代・現代陶芸作品や名窯の陶磁器を展示しています。毎週日曜は学芸員やスタッフによる作品ガイドも。

セラミックパークMINO2 セラミックパークMINO3

目からウロコ!

天井から約5m下へ、32本のアームで展示室が宙吊りに。世界初の建築様式で、現代の建物にも取り入れられています。

作陶館

器に文字や模様を描く上絵付けとロクロかタタラから選べる作陶体験ができます。どちらも金~日曜または祝日に開催。当日予約OK。

セラミックパークMINO5 セラミックパークMINO6 器が選べる上絵付けコース800円~。焼成は約1カ月後 セラミックパークMINO7 作陶コース1点1000円。釉薬の色も織部などから選べる

ショップ&ギャラリー

不定期で作家の企画展を開催。ショップでは名窯食器や若手作家の作品など、来客用にも普段使いにもピッタリの器が揃います。

セラミックパークMINO9
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。