ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・トレック BEYOND』の最新トレーラー、リアーナの新曲『Sledgehammer(原題)』を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『スター・トレック BEYOND』の最新作トレーラーが6月27日(現地時間)にリアーナの新曲『Sledgehammer(原題)』と共に公開された。

カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊での自分の立ち位置について熟考しているシーンで始まる。「父は信じていたから宇宙艦隊に参加した。俺は言われたから参加した」と言う。

手強い敵たちと戦い、宇宙船が炎に包まれた後、カークは最も注目を集める宣言をする。「我々は何かに打ちのめされた…何か、我々が見たことのないものだ。これが私のクルーにとっての最後ではない。でもこれは私のエンタープライズのキャプテンとしての最後の報告となる」(カーク)。

トレーラーには新しい映像はなく、これまでの2作のトレーラーからの映像と2009年の映画『スター・トレック』からのシーンが使われていた。リアーナの『Sledgehammer(原題)』は、同作で予想されるアクションの雰囲気を高める。

「私は痛みを覚悟している。そして、私は手放す」、「私は壁にぶつかり、自分が傷つくと思った。あなたの言葉が私を意識を失ったままにするのは分かっていた。そして私は、冷たくなって床に横たわり、死んでいく。でも私は壁を打つ。打ちまくって、倒れるのを見る」と歌う。

シーアによって書かれたこのバラードは、1作目のトレーラーで使われた明るいビートのビースティ・ボーイズの楽曲『サボタージュ』よりも、ドラマチックなトーンで仕上げられている。

『Sledgehammer(原題)』は、7月22日の映画『スター・トレック BEYOND』の劇場公開時にフィーチャーされる予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP