ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社長に再登板する大物経営者 ユニクロ、キヤノン、スズキ等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 165億円もの大金を払ってヘッドハントした“後継者”に対し、「もうしばらく自分が社長でいたい」と告げて決別したソフトバンクの孫正義・社長(58)。孫氏のような創業社長が、経営の第一線から退くタイミングを迷うのは珍しいことではない。大物創業者や敏腕経営者が去り際の判断に迷いを見せるケースが相次いでいる。

「60にもなってないのに引退? 冗談じゃないぞ、というふうに申し上げました」

 6月22日に行なわれたソフトバンクの株主総会で、孫氏の判断をそういって擁護したのは、同社の社外取締役を務める柳井正氏(67、ファーストリテイリング会長兼社長)だった。

 柳井氏はこの席で、孫氏のような創業者が後継を探す場合は、もっと時間をかけてチームで経営する体制を整備するべきだと述べている。

 ただ、そう語る柳井氏自身、以前は「60歳で引退」を公言していた。柳井氏が「創業者がいつまでも残っているのはよくない」として、社長の座を玉塚元一・常務(当時、現・ローソン会長)に譲り、会長に退いたのは2002年のことだった。当時、柳井氏は53歳。社長交代会見で退任理由をこう語っている。

「60歳で退きたいと思っていた。それまでに経営チームをつくっていく必要がある」

 7年後には会社を離れることを示唆したわけだが、孫氏のケース同様、この方針は撤回された。わずか3年後の2005年、柳井氏は玉塚氏を退任させ、56歳で社長復帰した。経済ジャーナリスト・永井隆氏が解説する。

「柳井氏退任前年の2001年8月期は、ユニクロのフリースが大ヒットして売上高が4180億円まで伸びていましたが、玉塚体制ではヒット商品を生み出せず、2005年8月期には売上高が3800億円にまで落ちてしまっていた。周囲からも、柳井氏の再登板が期待されていました」

 結局、ファーストリテイリングは売上高1兆6000億円超(2015年8月期)の企業へとさらなる成長を遂げたが、柳井氏は67歳になった今も社長のままで「60歳で引退」は実現しなかった。

 柳井氏のように社長に“再登板”する大物経営者は少なくない。キヤノンの御手洗冨士夫氏(80)は2006年に会長に退き、経団連会長に就任したが、その任期を終えた2012年に7歳年下の社長を相談役に退かせ、社長に復帰した。

「創業者・御手洗毅の甥という立場で、後継者と認められる人物がいなかったということでしょう。今年3月にようやく、カメラ畑出身の真栄田雅也氏(63)に社長が交代しましたが、まだCEO(最高経営責任者)の肩書きは御手洗氏のもの。実質的な経営トップは今も変わっていないと考えていいでしょう」(経済ジャーナリスト・福田俊之氏)

 スズキ自動車の鈴木修・会長(86)も、2008年に8年ぶりに社長に復帰した経験を持つ。そこにはやむにやまれぬ事情もあった。福田氏が解説する。

「鈴木修氏は、長男・俊宏氏に経営トップを譲るつもりでしたが、最初に退任した2000年の時点では俊宏氏がまだ40代と社長を任せるには若かった。そこで元経産官僚で娘婿の小野浩孝氏にまずバトンを渡し、そこから長男に継がせていくことを考えていたが、小野氏が52歳の若さで急逝。別の後継社長も健康を崩して退任するというアクシデントが続き、自ら社長復帰することになってしまった」

 その後、修氏はフォルクスワーゲンとの包括提携を進めるなど経営手腕を発揮し、2015年6月に社長を退任。満を持して長男・俊宏氏(57)が新社長に就任した。

 ところが、今年5月には燃費データ不正が発覚。矢面に立ったのはやはり修氏だった。国交省での会見では「法令違反に対する重大さの認識が甘かった」と頭を下げ、今も“経営トップ”であることを印象づけた。今期は会長としての役員賞与も返上して職務に臨むことも発表している。

「修氏の場合、お金よりも自分の会社を愛する気持ちが勝っている。スズキをどん底から育てて伸ばしたんですから当然でしょう。もちろん、“自分よりも優秀な人が出てくれば譲ってもいい”と考えているはずだが、そう思える人が出てこない。結局、生涯現役を貫き、倒れるまで続けるということになるのではないでしょうか」(福田氏)

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
SBの孫氏とユニクロ柳井氏 人付き合いに対する考え方は対照的
籾井NHK会長「理事総入れ替えだ」で理事大半が反籾井になる
伊藤忠の社長と会長は“ボケとツッコミ”のようなペアで成功

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP