ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はりきった息子の「百日祝い」。衣装替え自由な記念写真はついつい何枚も買ってしまいます!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が出産前に決めていたことは、産まれてから100日までは毎日かかさず写真をとることでした。これは、私の母から言われたことで、「赤ちゃんは産まれてからどんどん顔が変わって、100日たつと顔が整ってくるのよ」と言われたからです。昨日には戻れない、今日は今日の姿として毎日かかさず記念に撮りました。

そして待ちに待っていた100日が立ち、当日にはできなかったものの、後日家族で100日お祝いをし、写真屋さんに写真を撮ってもらいに行きました。

当日までの準備は、インターネットで徹底的に調べました。部屋を可愛く飾り付けする方法や、お食い始め膳の作り方、どの写真屋さんがいいかなど、先輩ママの体験談を取り入れながら、どうしようかなとわくわくしながら悩みました。 関連記事:「あれは限界の顔だ…」双子の写真撮影は至難のワザ!100日のお祝いの話 by ぐっちぃ

そして私が決めた息子のはじめてのお祝いである100日祝いのプランは、部屋は風船、画用紙やフラッグ(100均ショップで販売)をつかって、可愛く飾り付けをする。お食い始め膳は現代風な感じで、食器はベビー食器で代用し、お膳もベビーラックに座らせるので省略しました。

そして大切な献立は、赤飯は赤飯の素を使い、焼き物の鯛は鯛焼きで代用、お吸物、焚き物、香の物は手作りしました。実際に食べるわけではないので完全な親の自己満足ですが、写真を残すことで、大人になってから親の愛を思い出してほしいですね。

次は、写真屋さんで記念撮影。これは、産んだ産婦人科からのお祝いで、撮影料と写真1枚分無料になるチケットがあったのでそれを使いました。記念写真については、姉から可愛くてついつい買ってしまうけど、今となっては飾らないし1枚でよかったという話を聞いていたので、袴を着た1枚があればいいやと思っていました。しかし衣装の数の多さに、あれもこれも着せたい。お店の人にも、何回衣装替えして撮ってもいいいんだよと言われ、結局袴とパンダの着ぐるみ、旦那が野球好きなので野球のユニホーム、裸で撮る桃太郎の4着撮ってもらいました。

次に待っていたのは写真選び。ここでも笑顔で写っている写真をみて余計に決められなくなってしまい、結局4種類を1枚ずつ購入し、あともう少しの金額までいくと、写真入れストラップと足型も入れられるカード、待ち受け画像もつくという事でそれぞれの実家に飾る写真1枚ずつを追加注文し、最終的には計6枚の写真を購入しました。金額も40000円ぐらいでした。

思わぬ出費でしたが、可愛く仕上がった写真に満足でした。それから2年たちましたが、そのアルバムは押入れの奥に閉まったままです。今となっては姉のいうことを聞いとけばよかったなと思いながらも、大切な宝物です。 このライターさんの過去記事:あっという間のハーフバースデー。お金をかけずにお家で楽しくお祝いする方法

著者:2児mama

年齢:22歳

子どもの年齢:長男1歳10ヶ月 次男5ヶ月

21歳で妊娠発覚し授かり婚。22歳で長男出産し、23歳で次男出産。年子育児に奮闘中です。旦那は高校からの同級生で同じ歳です。お互いに若いながらも、核家族なので二人三脚で育児を頑張っています。育児休暇中なので2人の息子は家でみていますが、朝起きてからは1日があっという間に過ぎ、四苦八苦しながらも育児を楽しんでいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

親だけがしてあげられることとは…?そうだ、ひいおばあちゃんに会いに行こう! byムーチョ
あっという間のハーフバースデー。お金をかけずにお家で楽しくお祝いする方法
「改めて父親だと気づかせてくれてありがとう…」~娘溺愛おとうちゃんの父の日~ byあおむろ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP