体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【教えてブラックダイヤモンド! ③】「36歳の男です。この歳でもLINEのスタンプって使っていいんですか?」(会社員/36歳/男性)

エンタメ

ブラックダイヤモンドとは?
2012年に結成し、メディアで大注目の「強め黒ギャル」ユニット。渋谷を拠点に活動し、全国に150名以上のメンバーを擁する。オリジナル楽曲を世界112ヶ国にて配信し、フランスやアメリカでLIVEをするなど、グローバルに活動を展開。彼女達に会える、渋谷の「ガングロカフェ」は人気の観光スポットとなっている。今回の講師は、写真左より三度の飯よりお酒が好きという「えりもっこり」(23歳)、いまでは貴重なパラパラの伝道師「ぽみたん」(25歳)、少女漫画を描くのが趣味の「あゆゆん」(25歳)の3人

Twitter、FacebookにLINE。ケータイやスマホによるSNSコミュニケーションの悩みを持つ20~40代男子が、ちょいと黒めのギャルユニット「ブラックダイヤモンド」に悩みを打ち明け、ありがたいアドバイスをいただくという本連載。
第3回目のお悩みは、「どうすれば女子のハートをキャッチできる? 三十路男のスタンプ講座」である。

いずれも、ギャルには必須のコミュニケーション術と恋愛術に長けた選抜メンバー。彼女たちの口から、どんな本音が飛び出すことやら……。

OKスタンプ、NGスタンプの線引きはどこなのか?

――今年で36歳なんですけど、LINEのスタンプを使うのってちょっと抵抗があるんです。いや、本当は使いたいんですけどね。いい歳した大人がどうかなっておもってるんですよ……。

P「なにそれ。そんなの全然気にしないんだけど。」

A「むしろなんでそんなこと気にしてるのかが気になる(笑)」

――おっさんがムリして若者カルチャーを取り入れようとしているその姿がなんというかダサく見えるんじゃないかなぁとか……。

P「自意識過剰だからソレ。」

A「女子にはそういう発想はないと思う。」

E「逆に、おじさんが気の利いたスタンプとか送ってきたら、ちょっとカワイイって思うかも。」

――え、そんな感じ? じゃあガンガン使っていいんですかね?

A「つか、むしろ気にしてほしいのはスタンプ送るタイミングだよね。」

P「わかる! こっちにとっては「会話終了」の合図なのに、空気を読まずにさらに送ってくるやつはダメ。」

E「いるよね、そういう人。たぶん、そういう人は仕事もできない(笑)

P「とくに「OK!」っていうスタンプはピリオドと同じ意味なのに、なんでさらに返してくるの? っていう(笑)」

A「相手が先輩だとこっちから終わらせたら悪いかなっていうのがあるから、「OK!」って来ても「よろしくお願いします」のスタンプを返したりはするけど。」

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会