体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パッチ・アダムスが教える!笑顔にしたい人の前で取る行動とは?

アイキャッチ

こんにちは、クラウンアンバサダーの金本麻理子です。ここ数年、私たちが行っているクラウンの活動に興味を持ってくださる方が増えて、

「クラウンをやってみたい」
「是非、勤務先の施設に来てほしい」
「私も赤鼻をつけて施設の人を笑顔にしたい」

という声を聞くことが多くなりました。そこで今回は、クラウンの師匠であるパッチ・アダムスから教えてもらったことについて、お話いたします。

前回記事:「自分はなんの役にも立たない人間」そんな想いを変えてくれたおじいさんの話

現実と理想で葛藤する現場

12717756_780330755432758_7654951429215299481_n
クラウンの活動に関心を持ってくださる方、あるいは、「クラウンを使って現場に笑いを増やしたい」と思ってくださる方がいるのは、とても嬉しいことです。その一方で、介護や医療の現場職員さんから、たびたび聞かれることがあります。

画像1

施設にいるおじいさんやおばあさんを笑わせたり、癒してあげたいんです。でも、オモシロイことができる訳ではないし…どうしたらできるようになるのでしょうか?

画像2

そばにいて話も聞いてあげたいのだけれど、忙しくてできないんです…。

利用者さんや患者さんに、もっと向き合いたい、寄り添いたい気持ちがありながら、日々の業務に追われ実現できず、悩んでいらっしゃるとのことです。そんな時に思い出すのが、師匠のパッチの言葉です。

どうやったら笑顔にできますか?

数年前、パッチと共に沖縄にある福祉系の学校を訪れた際、男子学生さんからこんな質問が投げかけられました。

「心に傷を負ったり、身体に傷を負った人をどうやったら幸せにできますか?どうやったら笑顔にすることができますか?あなたの映画のように…」

私にとっても、その質問はとても興味深いものでした。パッチはなんてこたえるのだろうか?と思っていたら、パッチからは思いがけずこんな答えが返ってきました。

パッチの言葉

私はこれまで、
人を幸せにしてきたと思ったことは一度もないよ。

幸せだとその人が感じたのは、
その人が幸せだと自分で決めたから。

私ができるのは、
その人が幸せだと感じられる影響を及ぼすことだけ。

例えば、
相手に親切にすること
自分がハッピーでいること
楽しむこと
思いやりをもつこと
協力すること
自分の瞳をいつも輝かせていること
 
だからクラウニングは、
これらにもってこいなんだよ。

相手に笑って欲しいとか、
相手に幸せになって欲しいとか思ってない。

ただ、自分がまずは輝いていること、
そうすれば周りに影響を及ぼす人となれる。

まずは自分が笑顔でいること

パッチの言葉を聞いて、なるほどなぁと思いました。
12669710_780330802099420_6190929091360101026_n
自分自身が笑顔であったり、楽しいと感じていたり、幸せだと思っていたら、それは自然に相手に影響する。自分が不満顔になれば、相手も不満や不安な顔になる。自分が笑顔で接すれば、相手も笑顔で返してくれる。まずは、私がハッピーな気分で瞳を輝かせていることがいいんだ!そう感じました。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。