体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道お土産ランキングTOP10!地元民しか知らないレアな情報満載

その土地の美味しいものを探すには、地元の人に直接尋ねるのが一番! そんなわけで今回は、旅行情報を扱う「じゃらん」が調査した、地元民オススメの北海道お土産ランキングTOP10をご紹介します。

「こんなの見たことがない!」とびっくりするような、珍しいスイーツも登場! ぜひチェックしてみてくださいね。

第10位 ホタテのおこげ

地元民しか知らないレアな情報満載!北海道お土産ランキングTOP10
(C) PRtimes/リクルートライフスタイル

見るからにレアな雰囲気が漂うお土産、「ホタテのおこげ」。発売元は函館にあるお寿司屋さん「幸寿司」で、ホワイトソースやバターなど、フレンチの技を融合して作ったオリジナルのお寿司となっています。表面についたおこげが香ばしく、ホタテの甘味がぐっと引き立ちます。

お値段は、10個入り1,296円。嬉しいことに、お取り寄せも可能なのだそう! 詳しくはこちらをご確認ください。

第9位 青函(せいかん)プリン

地元民しか知らないレアな情報満載!北海道お土産ランキングTOP10
(C) PRtimes/リクルートライフスタイル

お隣同士の街、青森と函館のいいところを、ぎゅっとひとつに詰め込んだのが「青函プリン」です。牛乳ベースのプリンに、シャキシャキ食感のリンゴのシロップ煮が入っていて、食べ応えたっぷり。どこか懐かしさを感じさせるやさしい味わいで、幅広い年齢に受け入れられそうです。1個216円で、お手頃価格なのも魅力。オンラインでの購入も可能です。

第8位 函館ロール

地元民しか知らないレアな情報満載!北海道お土産ランキングTOP10
(C) PRtimes/リクルートライフスタイル

「函館ロール」は、北海道新幹線開通をきっかけに誕生したスイーツ。函館-青森間の青函トンネルをイメージしているのだとか。

クリームの中にはリンゴが入り、ケーキの表面には、大ぶりのリンゴのスライスが乗っています。さらにその上から砂糖をかけてキャラメリゼ・・・! これだけ豪華なのに、価格は1本1,296円。まとめてたくさん欲しくなってしまいます。オンラインでの購入も可能ですよ。

第7位 函館ラスク

地元民しか知らないレアな情報満載!北海道お土産ランキングTOP10
(C) PRtimes/リクルートライフスタイル

一口サイズのキューブ型がかわいい「函館ラスク」。製造元の「キングベーク」は、なんと昭和4年創業の、長年地元で愛されてきたパン屋さんです。バターやイチゴ、チョコなどの定番フレーバーの他に、メロンやコーヒー、明太子、味噌味などもあります。甘じょっぱさが癖になる美味しさ! 60g432円で、オンラインでの購入も可能です。

第6位 いかようかん

地元民しか知らないレアな情報満載!北海道お土産ランキングTOP10
(C) PRtimes/リクルートライフスタイル

同じく6位に並んだのは、「いかようかん」。一瞬、生のイカ? と思ってしまいそうですが、れっきとした和スイーツなんです。

外側はようかんで、内側にはコーヒー餡と求肥が隠れています。職人さんが手作りしているそうで、1日50パイ限定販売となっています。遊び心いっぱいのいかようかんは、話題性もぎっしり。みんなでいただけば、盛り上がること間違いなしです。価格は1パイ1,188円。購入についての詳細は、こちらでご確認ください。

第5位 いさりびいかせんべい

地元民しか知らないレアな情報満載!北海道お土産ランキングTOP10
(C) PRtimes/リクルートライフスタイル

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。