体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンジニアで年収4ケタってどうやったらなれるの?稼いでる人に聞いてきた

グルメアプリを運営する「Retty」CTOの樽石さん

こんにちは。ヨッピーです。
企業がITエンジニアを「年収・仕事内容つきで競争入札」する「転職ドラフト」のPR記事第二弾をお届けします。

前回は、「エンジニアの給料の使い道」について聞いたのですが、記事を公開する前は「あんまりお金のことを直球でネタにすると嫌らしいかな」と思って趣味をフックにしたのに、記事の反響を見ているとみんなお金の話が大好きなことが発覚したので、今回はド直球で聞いてみたいと思います!

まず一人目はこちら!
グルメアプリ「Retty」を運営するRettyのCTO・樽石将人さんです!

樽石さん。笑顔が素敵。

「なんでも、樽石さんはレッドハットにGoogle、楽天といった名立たるIT系の会社を渡り歩いて今のRettyに来られたって聞いてるんですが、経歴についてお伺いしてもよいですか?」


「まず、学生の頃にインターンでバイトしてたのがレッドハットなんですね。レッドハットはLinuxなんかのオープンソースソフトウェアを取り扱ってる会社なんですが、そこでOSを作ってました。それでそのままレッドハットに入社したんですよ。新卒の一期生が僕なんですけど、ビックリしたのが入社して3カ月で開発部署がなくなったんですよね」


「え?部署ごと?」


「はい。部署ごと。まあ仕方ないし僕は開発がしたかったので、違う会社に転職して3年くらい働いてたんです。そしたらレッドハットが『また開発やる』っていうからレッドハットに戻って、そのあとにGoogleに転職して検索とかGoogle Mapsナビとかインフラとかに携わって、次に楽天でプライベートクラウド作って、それで今のRettyのCTOになってRettyをテクノロジー企業にするために経営メンバーとして働いています」


「めちゃくちゃ渡り歩いてますね。なんか、エンジニアの人にとったらGoogleなんかに就職したらもう【アガリ】って感じになる気がするんですよ。あれよりエンジニアリングで上の企業ってもうないんじゃないかっていう。僕がもしGoogleに入社できたらGoogleのロゴが入ったハッピ着て、太鼓叩きながら毎日六本木を練り歩きますよマジで。樽石さんは、なんでそこから楽天に?」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。