ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入れるだけダイエット!体内を燃焼モードにする「パワースパイス」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


スパイスは入れるだけで料理を美味しくしてくれるお助け役。しかし、それだけではありません。体内のはたらきを活性化して、代謝を高める効果も期待できるんです。今回は、ダイエット効果が期待できる“パワースパイス”を3つご紹介します。

どんな料理にもかけるだけ!「黒こしょう」

“スパイスの王様”「黒こしょう(ブラックペッパー)」。どんな料理にもメリハリをつけてくれますよね。

黒こしょうに含まれる“ピペリン”には脂肪燃焼作用があり、ダイエット中の代謝アップにぴったり。また、体内を温めて冷えを改善する効果や、消化・吸収を促進する効果も期待できます。食卓に置いておけば、いつでも、どんな料理にもかけることができますね。

辛い!の素「唐辛子」

どんな料理にもピリッと辛いアクセントを加えてくれる唐辛子。唐辛子に含まれる“カプサイシン”には、体温を上昇させて発汗を促す作用や、脂肪を燃焼させるはたらきがあります。

体温を上昇させる際にエネルギーを使うため、何も食べない場合よりも消費カロリーがアップ。さらに運動を組み合わせることで、効率的に脂肪を燃焼させることができますよ。

冷えを解消!「しょうが」

食べるとポカポカと身体が温まる「しょうが」。しょうがに含まれる“シンゲロール”が、血管を拡張してめぐりをよくしてくれます。

体液循環がスムーズになると、全身に栄養が行き渡り、老廃物がスムーズに排泄されるようになります。また、抗酸化作用もあるので、免疫力UPや美肌効果も期待できます。


身近なスパイスが秘めるダイエット効果、知っていましたか?強すぎる刺激は逆に身体を痛めてしまう可能性がありますから“食べ過ぎ”には注意してくださいね。

体内を燃焼モードに切り替えてくれるスパイスをフル活用して、引き締まったボディを目指してください。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

これを知ってれば近道!マシュマロヒップのつくり方♡~おしりの筋肉のはたらき~
トレンドカラーを着こなそう!苦手感がでない「ベージュ」の選び方
バストアップに甘い物は禁止?「スイーツを食べるゴールデンタイム」でストレスフリー♪
食べなくても太る!絶対に避けたい「太るライフスタイル」とは
かたくなった太ももの前張りをなかったことに!両足1分の「前ももストレッチ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP