ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたはどう過ごす?旅の移動の楽しみ方 − 飛行機編 −

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Eri Iwasa「弾丸NY

こんにちは。Compathy Magazineライターのゆうすけです。

旅行には移動がつきものです。電車やバス、車、飛行機や船など、方法はいくつもあります。移動の方法によって、それぞれ楽しめることも変わってくるのが旅ですよね。

今回はそんな中から「飛行機での旅」を選び、最大限に楽しめる方法を紹介していきます。

空の旅?

空の旅には、どういう経路で行くか、一回のフライトは何時間くらいか、どの航空会社の便で行くか、座席のランクはどれにするか、など選択できる要素はたくさん。筆者は飛行機に乗る、というだけでワクワクしてしまいます。

ただ、その日の天候で機体が大きく揺れたり、時間が予定よりも長くかかったり、不安の要素もたくさんあるのは事実。そんな時間をどうやったらより楽しめるのでしょうか?

航空会社が提供してくれる楽しみ

Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

まず第一に考えられるのが、利用する航空会社が提供してくれる楽しみです。一番に思い浮かぶのは、前の座席の後ろ側についているモニター。これを使えば簡単なゲーム、映画、音楽など、時間を潰すのに最適なエンターテイメントを楽しめます。

ゲームの種類はとても豊富な場合が多く、かわいいキャラクターもののゲームもあれば、数独、テトリスなどといったクラシックでどの年代でも楽しめるようなものまであります。ちなみに、筆者が好んでやっていたのは数独、テトリスなどです。集中させてくれるので、終わった頃には時間があっという間に過ぎていることが多く、暇つぶしにはもってこいでした。

そしてもう一つ魅力的なのが映画や音楽といった受動的エンターテイメント。自分のオーディオでお気に入りの音楽を聞いてリラックスするのもいいですよね。モニターを使えば、それ自体に流行りの音楽が入っているので、飽きずに楽しめそうです。

退屈な時間も、聞いたことのないアーティストの音楽を聞いてみれば、素敵な出会いをもたらしてくれる時間に変わるかもしれません。

モニターでは、ほんの少し前まで映画館で放映されていたような最新の映画を見ることができます。筆者は以前飛行機に乗ったとき、見逃してしまっていた「Avengers(アベンジャーズ)」と「Transformer(トランスフォーマー)」を楽しみました。映画のいいところは1本あたり2時間程度なので、かなりいい暇つぶしになることです。

他にも最近だとユニークな機内放送を提供する会社があるようです。機内放送が面白いと、スタッフさんとよりフレンドリーになれるので、快適な時間を過ごせるかもしれませんね!

他には、キャビンアテンダントの制服にも注目してみましょう。キャビンアテンダントはその会社特有の制服で業務にあたるので、その航空会社の国を象徴するような服装だったり、スカーフがかわいらしかったりと、よくチェックしてみると、なかなか面白いです。

機内に持ち込める楽しみ

Mayumi Tosuji「ハワイの定番スポットをめぐる6日間の旅〜ワイキキ・ダイアモンドヘッド・カイルア編〜

次はおすすめの機内持ち込みグッズのご紹介。危険物などでなければ大体のものが機内に持ち込めるので、自分が好きなことをして過ごす、というのが一番時間の流れも感じさせない過ごし方かもしれません。

例えば、トランプ。修学旅行のような話になってしまうかもしれませんが、世界でかなり広く楽しまれているものであり、友達や家族などとの旅行で並んだ席をとれば意外に楽しく過ごせるいい手段です。しかし盛り上がりすぎて大きな声を出さないように注意しましょう。

ゲーム好きな人はお気に入りのゲームを持ち込むのもおすすめ。搭乗前にしっかり充電しておけば数時間はプレイできます。

もう一つ、筆者が楽しみにしているのは、たまたま隣になった人との会話です。仕事に集中していたり、お連れの方との会話を楽しんでいるとなかなか難しいですが、意外にいい出会いに恵まれたこともあります。

前にアメリカのコロラドから成田空港へのフライトをしたときに大体13時間ぐらいだったと思うのですが、エコノミークラスに一人で暇だろうなあと思いながら乗ったことがありました。ですが、そのとき隣になった方が一人小学生くらいの娘を連れたお母さんで、今自分がどんなことをやっているかなど様々な話をしたり、その子とお菓子の交換をしたりして、長いフライトをあまり退屈せずに過ごせました。

非常にいい人で、そのときこれから先どうしようと悩んでいた筆者にアドバイスをくれ、今でもたまにメールを交換するくらいまで仲良くなりました。長い時間を横で過ごすからこそ、という素敵な出会いに恵まれるのも空の旅の一つの魅力かもしれません。

空の旅!

Yuichi Kudo「極寒の地アラスカにて神秘的なオーロラ鑑賞

出張、修学旅行、旅行など様々な理由でみなさん飛行機を利用されていると思います。何度も利用して自分の飛行機の楽しみ方を熟知している方もいれば、初めてで少し不安だったりワクワクしている方もいるでしょう。

ですが、述べてきたように様々な楽しみ方があるのが空の旅であり、素敵な時間を過ごせるのも魅力の一つです。何気ない空の旅が、ものすごく楽しい旅の一部になったり、一生忘れることができないような素敵な時間になればいいですね。これから飛行機の移動が控えている方は、どうか良い旅を!

ライター:ゆうすけ

Compathyで関連旅行記を見ましょう!

*tabitabi parsley「2007.10 初Hawaii

*Monami Taguchi「私の青春『世界の中心で愛をさけぶ』のオーストラリア ウルルでキングスキャニオン満喫旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP