ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港の宝石王 42億円かけ金づくしショールームを建設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一連のパナマ文書問題で明らかになったのが、世界における富の偏在だ。庶民からすれば夢のような額の財産を持つ彼らは、いったいどんな風にお金を使っているのか。

 香港の宝飾メーカー、ハン・フン・ゴールド・テクノロジー社で会長を務めた故・林世栄氏の異名は「金王」。彼が建設したショールームは、約2トン(約3億香港ドル分、当時のレートで約42億円)の金を使用した宮殿だ。

 その内部は壁や天井から机、椅子などの調度品、食器類に至るまで金づくしだ。トイレはギネスブックに「もっとも豪華なトイレ」として紹介されたが、溶かされて現在は存在しない。

 使われている2トンの金は、その後、金相場の上昇によって溶かして売却され、その利益は投資に回されたという。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
秋葉原家電量販店 中国人爆買いで和式トイレ使用不可事件発生
自宅トイレの“座りション男性” 5年間で9.7%増加する
香港行政長官の似顔絵描かれたトイレ紙7600個などを当局押収

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP