ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤクルト山田哲人の封じ方 山田久志氏と村田兆治氏の秘策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヤクルトの若き主砲・山田哲人の勢いが止まらない。早くもホームランは23本(6月22日現在)でセ1位、交流戦では1カードわずか3試合ながらパ全球団同一シーズン11球団からホームランという記録を打ち立てた。打率は2位、打点1位で、三冠王の夢も膨らむ。当代最強打者のバットをどう封じるか。球史に燦然と輝くレジェンドが秘策を公開する。

 まずは時空を超えた「山田対決」だ。シンカーを武器に通算284勝を挙げた「ミスター・サブマリン」こと山田久志氏(元阪急)にご登場願おう。久志氏は「非常に穴の少ないバッター」と分析する。

「普通のホームランバッターにはウイークポイントがあるもの。だけど彼はインサイドもアウトコースも難なく対処してくる。あれだけ足を高く上げれば普通はグリップの位置が動くはずだけど、山田はブレない。だから一定した強いスイングができ、いろんな球種やコースに対応できる」

 ならば、その盤石のバランスを崩すしかない。久志氏は自身の代名詞である必殺シンカーをあえて見せ球に使うという。

「私のシンカーは、ストライクが膝元でボールになるところを振らせる球。つまり見逃されてはダメなんです。現役時代、私のシンカーを平然と見送ったのは落合(博満)ぐらいでしたが、山田も振らないでしょう。それだけ彼はインサイドの見極めがいい。

 私が対戦するならインハイの速球かシンカーで体を起こし、対角線のアウトローへの小さく曲がるスライダーか、大きく曲がるカーブで勝負する。いかに外角のギリギリのボールを振らせるかがカギになる」

 続いては、マサカリ投法から繰り出すフォークボールで215勝をマークした村田兆治氏だ。村田氏は“伝家の宝刀”が有効と考える。

「あれだけ大きな弧を描くスイングで低目も上手く打つというのは、現役時代に対戦した門田博光(南海など)に似ているね。そういうバッターは、スライダーのような横に動く球も体を開いて対応する技術を持っている。だから、真っすぐと思ったボールがストンと落ちるようなフォークでないと打ちとれない。横の動きは追えても、縦の動きは無理ですよ」

 交流戦で対戦経験の少ないパ6球団すべてからホームランを打っているという事実も、山田の対応力の高さを物語っている。

 しかし、村田氏は「そんな強打者を力でねじ伏せてこそエース」と力説する。

「相手チームの勢いを止めるためにも、山田にはホームランはもちろんヒットだって打たせたくない。王道の配球は、まず胸元に投げてからアウトローでカウントを稼ぎ、最後は落とすという組み立てになる。もちろん失投を見逃さないバッターだから、カウント球にも細心の注意を払わなければいけない。雑魚には使わない全力投球で臨むよ。本音をいえば全球150キロのストレートで抑え込みたい」

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
金田正一氏 山田哲人はワシの180キロ速球とカーブで3球三振
ベッドの上の山田佳子さん47歳 白シーツから零れる大胆背中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。