ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草なぎ剛が30代女性と焼肉&自宅&鳥鍋デート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの草なぎ剛(41才)と30代女性との焼肉店デートをキャッチした──。昼過ぎに雨があがっても、どんよりとした雲が垂れ込め、蒸し暑さが残る6月下旬の夜。都内の繁華街の裏路地を歩くひとりの男性がいた。ベージュのキャスケット帽を目深にかぶり、白いTシャツにデニムジャケット。ジーンズの腰からは重量感のあるシルバーのキーチェーンがぶら下がり、歩みを進めるたび小さく金属音を響かせている。

 周囲を警戒するように、2度、3度と振り返る。角を曲がるとにわかに急ぎ足になり、そのまま焼肉店の暖簾をくぐった。それからおよそ5分後──ひとりの女性がこの店に入っていく。濃紺のカットソーにグレーのパーカを羽織り、背中まで伸びたストレートヘアが揺れている。タイトな膝丈スカートに足元は黒のスニーカースタイルの長身美女だ。

 彼女が向かったテーブルで待っていたのは、一足早く入店していた先ほどのジーンズの男性、草なぎ剛だった。

「この店は草なぎさんの行きつけ。知り合いから紹介されて自宅からも近いとかで、3年くらい前から通っているみたいです。これまでにも何度か彼女とふたりきりのところを見かけたことがありますよ」(居合わせた常連客)

 多くの芸能人が通うが、店内に個室はなく、パーテーションで区切られているだけ。草なぎと30代女性・Aさんは注意深く小声で語らいながら、店自慢の料理を味わっていた。

 2時間ほど食事を楽しむと、先に席を立ったのはAさんの方だった。店員にぺこりと頭を下げて店を後にした彼女はひとり歩き始める。間を置いて店から出てきた草なぎは、Aさんとの100mほどの距離を決して縮めない。繁華街の夜景が気に入ったのか、スマホを片手に周囲の写真を撮る彼女。対照的に草なぎは、入店時と同様にあたりを警戒している。ふたりはその距離を保ったまま、徒歩5分ほどの場所にある、草なぎの自宅マンションに入っていった。

 2日後の夕方、自宅駐車場からバイクに乗って出てきた草なぎはマンション前で、上階に向けて右手を軽く振ってみせた。窓辺に佇む誰かに合図を送るような仕草だった。その後、一旦マンションに戻った草なぎは、急いだ様子で再び家を出た。タクシーで向かった先は都内の鳥料理店。個室で彼を待っていたのは、やはりAさんだった。

「Aさんとは以前からの友人で、最近になって交際をスタートさせたようです。解散騒動の頃、悩む草なぎさんを支えたのが彼女でした。最近、彼はすごく明るくなった印象を受けます。そういえば“ぼくにだって、家に泊まってくれる人くらいいるもん”って話していたことがあって…。その時は周囲の驚いた様子を見て、とってつけたように“アッ、男だけど(笑い)”って言い訳していましたけど、実際にはAさんのことだったんでしょうね」(別の芸能関係者)

 この夜、ふたりはシャンパンボトルを注文して、乾杯。一緒に鳥鍋をつついていた。この店でも「何度かふたりを見かけたことがあります」(常連客)という。

 1時間半ほど経つと、Aさんはひとり先に店を出て、タクシーに乗り込んだ。5分ほど遅れて草なぎが出てくると、別のタクシーを捕まえた。2台のタクシーは、この夜も時間差で帰っていった。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
草なぎ剛 タモリが稲垣に高級ワイン開け「オレにも」と嫉妬
石田太郎さん 草なぎ剛がプールで執筆依頼する場面で急死
草なぎ剛『銭の戦争』共演キスマイ玉森は「自分に似ている」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP