ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

儲けの多いインプラント実施の歯科医 6割でトラブル発生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 インプラント治療は歯を失った人のための“切り札”として、日本中の歯科クリニックで行なわれている。

 一般的なインプラント治療は、歯を失ったあごの骨に、ボルト状になったチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、数か月かけて骨と結合させる。その後、セラミックなどの義歯を装着する。

〈自分の歯と同じように噛める〉
〈審美性が高く、周囲に義歯だと気づかれない〉
〈入れ歯のように毎日取り外す必要がない〉

 などの謳い文句で、中高年にとって良いこと尽くめの治療法に見える。

 しかし、実際のところトラブルや合併症はあとを絶たない。口腔外科医として長年インプラント治療を行なっている、おざわ歯科医院・小澤俊文院長。他のクリニックでインプラント治療のトラブルに遭った多くの患者が、小澤院長の元を相談に訪れている。

「インプラント手術は、口腔外科の高度な専門知識と技術、そして経験が必要です。しかし、講習会に参加しただけでインプラント手術を行なう歯科医が今も存在します」

 ネジ状のインプラントの本体が上の歯を支える骨(歯槽骨)からすっぽりと抜け落ちて、それが副鼻腔(顔の内側にある空洞)に入り込んでしまったケースがあった。これは偶然に見つかったもので、インプラント手術を行なった歯科医は、20年間も手術ミスを患者に告げず放置していた。

 診療報酬の抑制で経営難にあえぐ歯科医にとって、インプラントは“救世主”のような存在。自由診療のため、高い手術費用を設定できるからだ。インプラント1本につき20万~50万円と1回の手術で保険診療1日分の数倍を稼げる。

 そこに目をつけた技術も経験もない歯科医が、「インプラント医」の看板を掲げていった結果、どうなったか。

 日本歯科医学会が2012年に行なった全国調査では、インプラント手術を行なう歯科医の6割がトラブルを経験。さらに約25%が神経マヒ、異常出血等の重大なトラブルを起こしていた。特に神経マヒは完治しない場合も多く、患者は一生その後遺症を背負う。2007年には東京・八重洲でインプラント手術による死亡事故(動脈損傷による出血多量)も発生した。

 国民生活センターには、去年までの5年間だけで、「インプラント危害を受けた」という相談が430件も寄せられている。「痛みが取れず夜も眠れない」「食べ物が噛めず、体調を崩した」といった内容だ。

 だが、一部の歯科医はそうしたリスクを説明せず、患者にインプラント治療を勧めている。

●レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
親知らず抜歯やインプラント治療の神経損傷 早期治療が必要
歯のインプラント 技術向上するも糖尿病患者の利用は不向き
トンデモ歯科医の見分け方 出身大学の偏差値の把握も必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP