ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独走状態の広島に「包囲網」を敷けないセ5球団のジレンマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島カープの勢いが止まらない。6月29日には32年ぶりとなる11連勝を記録。2位・巨人とのゲーム差は9と、今シーズン最大まで広がっている。セ・リーグで6月時点でゲーム差9となったのは、2003年の阪神以来となる(その年、阪神はリーグ制覇)。

 通常、首位チームの独走が始まると、下位チームはこれ以上ゲーム差を離されるわけにはいかないと“包囲網”を敷き、各チームのエース格や表ローテを首位チームにぶつけ、独走阻止を狙うものだ。23日には巨人・高橋由伸監督が「特定のチームに勝っても優勝はできないが、今は上にいるチーム。そこに離されないようにしないと」「うちだけじゃなく、(セ・リーグの)他にも頑張ってもらわないとね」と発言し、他の4チームにも“広島包囲網”を呼びかけている。

 だが、その思惑とは裏腹に、包囲網はまったく機能していない。スポーツ紙記者が語る。

「今は広島以外の5チームが団子状態。もちろん各チーム、広島を引きずり下ろして優勝を狙いたい、という気持ちはあるでしょうが、これだけゲーム差が開いているわけですから、まずは3位以内に入ってCS(クライマックス・シリーズ)出場の権利を勝ち取ることのほうが現実的です。広島にエース格をぶつけて、他チームから取りこぼしていては、CS争いからも脱落して早々に“終戦”してしまいますからね。まずはAクラスの足場を固めてから、広島に挑もうと考えているのではないでしょうか」

 下位チームが団子状態だけに、現時点ではどのチームにもCS出場のチャンスがある。それが逆に、広島独走を許す事態となっているというのだ。

「実際、包囲網の“言い出しっぺ”である巨人ですら、エース・菅野智之を中5日で回せば7月12日・13日の広島戦にぶつけられるというのに、次戦は中7日で7月2日のヤクルト戦に登板させる予定。こんな抜け駆けをされては他チームも包囲網を敷こうなんて気にならないでしょう。各チーム、広島の独走を許したくない反面、少しでも勝ち星を増やすにはどうすればよいか、ジレンマを抱えているようです」(同前)

 混戦状態が続いていた5月前半の頃は首位チームがことごとく敗れ続け、めまぐるしく順位が入れ替わった。当時は“首位の呪い”などと報じられていたが、今では2位のチームが敗れ続ける“2位の呪い”状態となっている。下位チームが足を引っ張り合っている間に、投打が噛み合っている広島がスルスルッと抜けだしてしまっている格好だ。

 もちろんシーズンはまだ、試合数の半分を終えたばかり。1996年の「メークドラマ」や2008年の「メークレジェンド」のように、首位と10ゲーム差以上開いたチームが逆転優勝をした例は少なくない。はたして広島の独走に待ったをかけるのはどのチームか。各チームの思惑が交錯しながら、セ・リーグのペナントレースは後半戦に突入していく。

撮影■山崎力夫

【関連記事】
首位独走・広島ファンがおびえる「週ベの呪い」
金田正一氏 山田哲人はワシの180キロ速球とカーブで3球三振
100億円社長の弓子夫人にイチローの父「全然知らない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。