ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木のカリモクと革のエンダースキーマがコラボ! サンダルとシューメーカーチェアのカプセルコレクション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家具メーカー・カリモク家具が初めてファッション分野とコラボレーションした「Sandal and Shoe Maker Chair by Hender Scheme × Karimoku」が発売され、2016年6月25日(土)から7月3日(日)まで東京・青山のCIBONE Aoyamaにて特別展示販売が行われます。

国内最大級の規模を持つ家具メーカー・カリモク家具と、浅草のアトリエを拠点にレザー小物を展開しているHender Schema(エンダースキーマ)のコラボレーション。サンダルとチェアのカプセルコレクションで、デザインはエンダースキーマのデザイナー・柏崎亮氏が手がけています。

カリモクが木製部分であるチェアのフレームとサンダルのソールを、エンダースキーマがレザー部分であるチェアのバックレストとサンダルのアッパーを製作。

「素材の特性を生かし、長年使い込んでいけるものをつくる」という点で共通点のある両者。素材として使用されているメープル材とヌメ革は、どちらも経年により飴色に変化するという特徴があるほか、ヌメ革には素上げ特有のシワやムラ、メープルには縮み杢やバークポケットという独特の木目があります。優しい風合いと使い心地を楽しめるアイテムが出来上がりました。

特別展示中はエンダースキーマのオリジナルプロダクトも一部販売されるそう。また7月上旬より全国で発売されます。ぜひ実物に座って履いてその風合いに触れてみてください。

メープルの無垢材を三次元的な形状に加工したソールは、今までにない履き心地と、木という素材が持つ心地良さを肌で感じられます。

エンダースキーマが解釈した新しいシューメーカーチェア。Hender Schemeのブランドロゴの「H」を構造で表現しています。背は靴底材として使用するショルダーの厚みや張り感を生かし、芯などを使うことなく自立するように設計されています。

Sandal and Shoe Maker Chair by Hender Scheme × Karimoku

▽アイテム

シューメーカーチェア

素材:メープル、牛革(ヌメ革)

カラー:ナチュラル

サイズ:W550mm × D440mm × H570mm

価格:7万5000円

サンダル

素材:メープル、ラバー、牛革(ヌメ革)

カラー:ナチュラル

サイズ:23.0~28.5cm

価格:3万4000円

▽展示販売

会期:2016年6月25日(土)~7月3日(日) 11:00~21:00

会場:CIBONE Aoyama

Photo:Gottingham

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

今週末は「たわしの日」! 亀の子束子(たわし)本社で体験型イベント開催
木製家具 × グリーン! OZONEで「ボタニカルライフのすすめ」
”うつわのための空間”に22人の作り手による器を展示「うつわ かたち展」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP