体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYでもLAでもなく、今こそ「スーフォールズ」に行くべき9つの理由

もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカでもっとも住みやすい場所として何度もランクインするほど、魅力が詰まっているそうなんです。

「目立たない、地味な田舎」

アメリカ国民の大多数がそんなイメージを持っているらしい、サウスダコタ州・スーフォールズを訪れるべきワケを「Matador Network」から紹介しましょう。

01.
アメリカ最高のサイクリングロードがある

NYでもLAでもなく、今こそ「スーフォールズ」に行くべき9つの理由

最近、『Fodor’s Travel Guides』は、「ビッグスーリバー レクリエーション トレイル&グリーンウェイ」をアメリカ最高のスポットの1つだと言及しました。スタート地点は滝であり、都市部と農村部を取り囲むように、ビッグスー川に沿った道が26マイル(約41km)も続いています。

この場所は、サイクリングロードと認識されているかもしれませんが、ウォーキングやランニングをして楽しむ人々もたくさん。普通の旅では出くわすことのないスーフォールズの一面を発見するには最高の場所かもしれません。

02.
街の名前の由来にもなった、美しすぎる公園もある

NYでもLAでもなく、今こそ「スーフォールズ」に行くべき9つの理由

自然豊かな観光スポット「フォールズパーク」は、 非常に美しく、街の名前の由来となった公園。流れ落ちる水は「豪快」のひとことで、プロポーズのスポットとしても人気です。

5階建ての展望タワーからは公園全体を一望可能。135年前に建てられたスーフォールズ最古の建物「クイーンビーミル」の廃墟も眺められます。

クリスマスシーズンには、園内の建物や大半の木々が数千個のライトで飾られる「ウィンターワンダーランド」も開催。夏は、スーフォールズの古い電力会社の建物内にあるオーバールックカフェで、アイスクリームサンドイッチをどうぞ。

03.
さらには、アメリカでNo.2のパティスリーも!

あなたはこんな言葉を聞いて育ったはずです。

「もし本場のパティスリーを求めているなら、サウスダコタに行きなさい」

え、聞いたことがない?しかし、人気TV番組「Top Chef」で活躍するChris Hanmerは、それを実現すべく活動しています。

彼が経営する、ヨーロッパの影響を受けたスイーツのお店「CH パティスリー」では、2013年から最高のマカロンやキャラメルブリオッシュなど、高級スイーツを販売中。味だけではなく、その鮮明な色使いも高い評価を受けており、人々の美的感覚をくすぐります。ネオンカラーのマカロンは意外に思えるかもしれませんが、『The Daily Meal』のアメリカ最高のフレンチベーカリートップ10で、ニューヨークのお店に挟まれる形で第2位にランクインしたほど。

04.
「最高の日焼け」が待っている

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。