ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスピエ露崎 自己紹介後5秒で“つゆだく”というあだ名に

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの月曜−木曜深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」。火曜担当のナビゲーターはパスピエ。6月28日のオンエアでは大胡田(Vo)、成田(Key)、露崎(Ba)の3人でお届けしました!

先日、仕事ではじめて台湾に行ってきたパスピエ。台湾は中国語圏ということで、パスピエは中国語で「快歩舞(クヮイブーウー)」となることを学んできたそうです。

番組では、パスピエが以前から行なっている対バン形式の自主企画ライブ「印象」シリーズの第5弾「印象E」に参加したというリスナーからの「裏話や今後のホールツアーについて聞きたいです」というメールを紹介。「印象E」の話で盛り上がりました。今回三都市で迎えたアーティストは、大阪はandrop、名古屋はフジファブリック、東京ではUNISON SQUARE GARDENという豪華なゲスト!

露崎が印象に残っているのは、名古屋のゲスト、フジファブリックのサポートドラマーのボボさんとの楽屋での出会い・・・。

「露崎です、と自己紹介させてもらったら5秒で“つゆだく”というあだ名を付けていただいたんですね。でもライブ終わって打ち上げで話していたら、『つゆちゃん』って呼ばれていて…(笑)。つゆだくどこ行った?という個人的なエピソードがあったりしつつ」と、おかしなあだ名を付けられたのに、最終的にはいつもの呼び方に近付いていたという話を披露。

次に大胡田は「andropの内澤さんに“なっちゃん”とか呼ばれると…くぅ〜っ…てなる」と名古屋での出来事を話しはじめました。

「andropも最初、お顔とか出してなかったから、内澤さんのこと『なに? 誰? どういう人? なんかちょっと前髪長いし…』とか思ってたけど、ライブ終わるとすごいテンションで来るじゃないですか。『イエーイ! なっちゃーん!』って。その時に『はっ…なっちゃんって呼んでくれた…』とキュンキュンした」と、内澤さんの裏側も交えた胸キュンエピソードを打ち明けました。

成田曰く、andropは楽屋の声のトーンが一番のピークだそうで「あのキャラが本当だとしたら、もっとステージ上ではっちゃけていいと思うんだよね(笑)」とandropへの印象を話していました。そんな成田はUNISON SQUARE GARDENのベーシスト、田淵さんの動きが気になったようで「目が離せない。あの動きをしながら弾くこと自体がすごい」と語っていました。

この印象シリーズは今回で一区切りということですが、ファンの間では「印象Eは『END』のEで、またやる時は『復活』のFじゃないか」という噂が流れていることに触れ「なるほどねえ」「うまいねえ」「そんな深読みしてくれて」と感心していました。

「印象Cから東名阪でやらせてもらって。毎年やってきたわけですけども、これから音楽を続けていれば出会う人もいるでしょうし。『これで対バンイベント終わりですよ』ってことじゃなくて、またどっかのタイミングでやりたいなとも思います」(成田)

年末にはデビュー5周年を記念したホールツアーが決まったパスピエ。詳細はパスピエのホームページをチェックしてください♪

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

顔出ししたパスピエに「誰が誰なの?」との声(2016年05月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1644.html

パスピエ大胡田 緊張をほぐす妙案を披露!(2016年05月04日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1511.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP