体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだまだ根深い男親と女親の固定概念。「おかあさん、いつもお弁当ありがとう!」の手紙に思うこと

まだまだ根深い男親と女親の固定概念。「おかあさん、いつもお弁当ありがとう!」の手紙に思うこと f:id:akasuguedi:20160628091132j:plain f:id:akasuguedi:20160622144422p:plain

こんにちは、斗比主閲子です。

保育園や幼稚園では、先生が児童に親への手紙を書かせることがありますよね。文字はプリントアウトしているものもあれば、子どもが書くこともある。大体、似顔絵がセットになっています。あれはもらうと嬉しいんですよね。似顔絵は最初は目と口を点で表現するだけだったのが、髪の毛も描くようになったりして、成長していることが垣間見れる。

先日、「おかあさん、お弁当をいつも作ってくれてありがとう」というメッセージが印字され、母親(と思われる人間)の似顔絵がセットになった手紙を子どもが持って返ってきたことがあります。他の手紙と何ら変わらないこの手紙が、我が家ではちょっとした議論になりました。

なぜなら我が家ではお弁当を作っているのは女親だけではなかったからです。 関連記事:いつまで言われる?「お母さんに伝えて」という言葉の背景にあるもの by ムーチョ

子どものお弁当は夫婦の共同作業

我が家では、私がもっぱら料理をしています。

ただ、子どもに持たせるお弁当については、作るのはいいんですが、小さい容器に詰めるの作業がなぜか苦痛になって、詰めるのはパートナーに任せるようにしています。

あとは、スペースを埋めるための茹で卵や卵焼きを作ったり、デザートを詰めたりするのもパートナーにお願いすることがありますね。

だから、我が家の中では子どものお弁当作りという家事は夫婦の共同作業ということになっています。そうなると、先ほどの手紙は、「おかあさん、お弁当をいつも作ってくれてありがとう」ではなく、「おかあさん、おとうさん、お弁当をいつも作ってくれてありがとう」となっていないと実態としておかしいわけです。

先生が印字しているからややこしい

子どもはお弁当がこういう風に作られていることは知っています。詰めるところ含めて親が料理をしているのを意図的に見せるようにしているからです。親がしているものは子どもはマネをしようとしますよね。子どもに親のマネをしやすいようにして、料理をするハードルを下げようとしています。実際に子どもは料理をやろうとすることがよくありますし、「今日のお弁当、おいしかった!」と親が二人いるところで言ってくれます。

ただ、先生から「おかあさん、お弁当をいつも作ってくれてありがとう」と印字された手紙を見て、その場で違和感を示せるかというと、言語能力的にどうかというのもあるだろうし、まだそんな感度は持っていません。仮に分かっていたとしても、それを他の生徒がいる前で先生に言えるかといえば、たぶん言えないでしょう。

それで、この実態とは異なる手紙を見て我が家ではどんな話になったか。

「うちの家は夫婦で弁当作りをしているんだから、これはおかしい!」と先生に抗議をしようという話には……なりません。目くじら立てるほど大したことじゃないですからね。先ほど書いたとおり、家庭内でちょっとした議論になっただけです。「やっぱり、こういう感じだよねー」と話しつつ、「ただ、こういうのをきっかけにして、先生不審になる家もあるんだろうな」という会話はしました。

おべんとうを作っているのがシンパパだったら?

お父さんがお弁当をすべて作っている家で、それが専業主夫家庭だったり、シングルファザーの家庭だったりすると、受け取られ方はもう少しセンシティブになりますよね。受け取った父親の中でモヤモヤが生じる。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy