ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイ、チーズ。あっ(笑)|世界を旅するウェディング・シネマトグラファーの家族

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリアは写真を担当。息子のジャクソンくんがときどき助手にーー。

家族でそれだけ世界中を回ったというだけでもビックリしますが、作品の仕上がりがイイ感じ!まずは彼らのPR動画から見てみて。

写っている人の楽しさが伝わってきますね。そのコンセプトについて、本人はこうコメント。

「ケーキカットの瞬間を捉えるだけじゃ十分じゃないんだ。どうしてもそのストーリーを伝えたい。その日のうちに忘れてしまうようなことがあるよね。だから、できる限りのことを打ち明けて欲しい。ぼく達はそれを最大限カタチにする。言葉にするのが難しいこともあるけれど、まあ動画で見てもらったような感じかな」。

実際に結婚式を撮影した動画がコレ。

式に参加している人々も良い表情。

写真を見ても、幸せな気持ちにさせられるものばかりです。









もともとミュージシャンだったニックと、ファッション・フォトグラファーだったマリアは、とあるツアーミュージシャンに話を聞いて、今のライフスタイルを実践し始めました。

結婚式のほか、広告の仕事を抱えながら移動を続け、2016年だけでもボラボラ島、ブラジル、イタリア、メキシコ、ギリシャ、アメリカに訪れたそう。新しい物事に触れられる旅行体験が、クリエイティブにとって良い刺激となっていると言います。夫婦でいろいろなことを乗り越えていけるので、貴重な体験になっている模様。

彼らに仕事を依頼したいなら、友だちを集めて一緒に飲んで、踊って、パーティーして、最後にバーでサシ飲みをすると、よりうまくいくとのこと。たしかに依頼人と仲良さそうにしている場面がチラホラ見えます。

ところで、ジャクソンくんの勉強は?

つい気になったので聞いてみました。すると、4歳までは一緒にいたものの、今はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に住んでいて、学校に通っているそうです。

親と一緒にいれないなんてちょっと寂しいのでは?なんて思うかもしれませんが、むしろ学校は彼の大好きな場所だし、長期休業のときには家族で海外旅行に出かけちゃうんですって。行動力が並外れていて、パスポートのスタンプが誰よりも多いのが自慢だとか。そういう暮らしかたもあるんですね。

ちなみに、いまは新しいお子さんも妊娠中。いつかは日本に来たいとも語ってくれました。そのほかの作品やブログを読みたい人は、コチラからチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Studio 1208

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。