ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon 652 / 820はGoogle Tangoに最適化されている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm のモバイル向けプロセッサの最新モデル「Snapdragon 820」と「Snanpdragon 652」が Google の Project Tango をサポートした SoC であることが明らかになりました。Project Tango(現在は Tango)は、スマートフォンの 3D カメラやセンサーを用いて現実空間の 3D マッピングを可能にする技術群のことで、今月上旬には Tango に初めて対応した商用スマートフォン「Lenovo Phab2 Pro」が発表されました。この端末には Snapdragon 652 プロセッサが搭載されています。伝えられているところによると、Qualcomm は昨年より Google と Tango のサポートで連携してSnapdragon 820 / 652 を完成させたと伝えられています。具体的には 通常はマルチメディアデータを処理する DSP を拡張して、Tango 関連のデータ処理も可能にしたほか、DSP、センサーハブ、ISP を Tango 用に活用することで、Tnago のアルゴリズムをフルにサポートし、CPU にかかる負荷も抑制しているそうです。この結果、Tango をサポートするのに追加のプロセッサが不要になると言われています。Source : Ars Technica

■関連記事
Netflix、Androidアプリの新アイコンを公開
コロプラ、鉄球をマグネットで操ってゴールを目指すカジュアルアクションゲーム「Elemagne」をリリース
上海問屋、AndroidにAV機器の映像を1080o画質で記録できるHDMIビデオキャプチャー ユニット「DN-913909」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP