ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨でもムクミ知らず!うるおい美肌になる3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美肌とムクミの関係とは

いや~な梅雨の季節。
カラダの中にも湿気がこもり、ムクミや冷え、頭痛などの原因に。
そのまま放っておくと、お肌にだって影響が出てきちゃうんです。
一見何の関係もなさそうに思える「美肌とムクミ」ですが、実は大きな繋がりがあるんです!

 

ムクミの原因を知って対処法を知る!

漢方の世界では、気(き)血(けつ)水(すい)の3つの成分で人間の体はできていると考えられていて、この3つの成分が体の中にたっぷりあってしっかり巡っていることが、美しく健康である秘訣。
どれかひとつでも足りなかったり巡っていなかったりするとカラダやお肌にサインとなって表れます。
ムクミはこの中で、水の巡りが悪くなっているサイン。
体の中にお水はたっぷりあるけれど、巡ることができずに一カ所に留まってしまっているということ。
足に溜まると足がムクムし、顔に溜まると顔がムクむ。
水が溜まっている状態で冷房の効いたお部屋にいると…冷えの原因に。
体にお水がたぷたぷ溜まった状態で揺れると…気持ちが悪くなったり乗り物酔いしたり、頭痛がしたり…
これが雨の日に体調が悪くなる方の原因なんです。
他にも白ニキビができたり、ムクんでいるのにお肌は乾燥してしまったりと、水があるのかないのかどっち? という状態です。
そんな時の対処方法をご紹介します。

 

うるおい美肌を手に入れる3つの方法

①白砂糖と距離を置いてみる。
お砂糖は、実は湿気と大の仲良しなんです。
外にお砂糖を置いておくとベタベタするのと同じで、それが体の中で起こってしまいます。
体の周りの水分を、どんどん中に招いてしまうんです。
すっぱりきっぱりはムリ! という人も、少しずつお砂糖をからは距離を置きましょう。
体の変化を感じられるハズです。
②お風呂や運動で汗をかく
体に水分が溜まっている状態なんだから、外に出してしまえばいいんです。
じんわり汗をかくように運動してみる。
湯船にしっかり浸かってみる。
そうすることで、体のダルさ、重さ、冷えの状態も改善され、水の巡りが良くなることでお肌表にも水分が届けられ、うるおい美肌に一歩前進!
③水はけの良い物を選んで食べる
漢方では、食べるものは全て“薬”という考え方。
漢方=漢方薬と思っている方が多いのですが、それだけではないのです。
水はけの良い食材は
・ハトムギ
・トウモロコシ
・トマト
・きゅうり
・なす
など、今が旬のものばかり。
美味しく食べてムクミも改善されて、美肌になれる食材たち。
ぜひ、この3つの方法で、梅雨でもむくまずうるおい美肌を手に入れて下さいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP