ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青葉市子&中国人アーティストによるアジア文化交流プロジェクト始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 クラウドファンディングサービス「we fan」にて、プロジェクト【中国と日本を代表するSSWモーシー&チェン・ビー&青葉市子ら3アーティストによるアジア初の日本公演】が始動している。

 中国人アーティストは作品や活動を国外に向けて発信する機会が限られており、特に中国内メジャー音楽会社に頼らずに独立して活動している若手アーティストは、その才能を広く知ってもらうチャンスがない。そんな中国から今回のプロジェクトとイベントに参加するモーシー(莫西子詩/Moxi Zishi)は、「彝(イ)族」出身の中国人シンガーソングライターで、チェン・ビー (程璧/Cheng Bi)は、北京大学院卒業後に来日し、谷川俊太郎(詩人)、谷川賢作(音楽家)、田原(中国人詩人/城西国際大学教授)、湯川潮音(ミュージシャン)らとの知遇を得て、東京と北京を拠点に活動を開始したシンガーソングライター。日本からは、17歳からクラシックギターを弾き始め、2010年1月19歳の時に1stアルバム『剃刀乙女』でデビューした青葉市子が参加する。

 今回のプロジェクト、そしてその後8月14日に開催予定のイベントは、中国の若手アーティストを日本の若い世代にも知ってもらい、アジアの若い世代における豊かな文化交流が育まれることが目標とされている。

photo of 青葉市子 by 荒木 経惟

◎プロジェクト【中国と日本を代表するSSWモーシー&チェン・ビー&青葉市子によるアジア初の日本公演】
支援募集期間:2016年6月28日(火)12:00~7月31日(日)23:59
URL:http://bit.ly/29ecakb

◎イベント『モーシー(莫西子詩)& チェン・ビー(程璧) JAPAN TOUR 2016 in Tokyo with 青葉市子』
2016年8月14日(日)青山・月見ル君想フ
OPEN 18:30 / START 19:00

関連記事リンク(外部サイト)

青葉市子 1年半ぶりの東京ワンマン決定 ゲストには山田庵巳/青柳いづみ
Salyu&小林武史、いよいよ待望の新しいオーケストラ公演へ Salyuコメントも到着!
【Salyu Live 2016 Sonorous Waves】にAimer、片平里菜、HARUHIが出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP