ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ストロークス新MV公開!ビデオディレクターはダフト・パンクやマーク・ロンソンのMVほか、グリーバス将軍のデザインも手がける注目株

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザ・ストロークスが、先日デジタルとアナログのみでリリースしたEP『フューチャー・プレゼント・パストEP』から、「Threat of Joy」のMVを公開!ビデオのディレクターを務めたのは、ザ・ストロークスのMVを以前から手掛けているウォーレン・フー。ウォーレンはダフト・パンクやマーク・ロンソンのMV等も手掛けており、映画「スターウォーズ」のグリーバス将軍のデザインも手掛ける等、アート・ディレクターとしても評価が高いディレクター。

今回のMVでは、バンドメンバー全員に加えてなんとディレクターを務めたウォーレンも出演。メンバーのクールな佇まいが印象的なMVとなっている。

———————–
ザ・ストロークス、「Threat of Joy」のMVはこちら:

———————–

The Strokes(ザ・ストロークス)

『Future Present Past EP (フューチャー・プレゼント・パストEP)』
(Cult Records / MAGNIPH / Hostess)
発売中

<配信トラックリスト>
1. Drag Queen
2. OBLIVIUS
3. Threat of Joy
4. OBLIVIUS (Moretti Remix)

<アナログトラックリスト>
(Side-A) 1. Drag Queen 2. OBLIVIUS
(Side-B) 1. Threat of Joy 2. OBLIVIUS – Moretti Remix

※最新アルバム『Future Present Past EP』iTunes配信中!
リンク:https://itunes.apple.com/jp/album/future-present-past-ep
/id1116877854?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

■バイオグラフィー:
1999年にニューヨークで結成したロックバンド。メンバーはアルバート・ハモン ド・ジュニア(G)、ジュリアン・カサブランカス(Vo)、ファブリツィオ・モレッティ(Dr)、ニック・ヴァレンシ(G)、ニコライ・フレイチュア(B)。現在までに5枚のスタジオ・アルバムを発表し、ブリット・アワード、NMEアワードなど名立たる音楽賞を数多く受賞している。UKロックバンドのアークティック・モンキーズは彼等の影響を受けたことを公言している。2001年に<Rough Trade/RCA>から発表したデビュー・アルバム『イズ・ディス・イット』は全英2位を獲得し、英国最高峰音楽賞ブリット・アワードにおいて「最優秀インターナショナル新人賞」を受賞。またNMEアワードでは「最優秀アルバム賞」、「バンド・オブ・ザ・イヤー」、「最優秀ニュー・アクト」を授賞し、国内外を問わず瞬く間に時代の寵児となった。2002年2月に初来日公演を果たした。2003年、2作目『ルーム・オン・ファイア』(全英2位/全米4位)を発表。サマーソニックで再来日。2006年発表の3作目『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』が全英1位/全米4位を獲得。収録曲「Juicebox」も全英5位を獲得した。同年のフジロックにヘッドライナーとして出演。2011年、4作目『アングルズ』(全英3位/全米4位)を発表。2013年、5作目『カムダウン・マシン』を発表。
2016年6月、メンバーのジュリアンが主宰する<Cult Records>から『フュー
チャー・プレゼント・パストEP』をリリース。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP