ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神経科学博士号を持つ異彩音楽家「Floating Points」の東京公演チケットが発売開始(7月2日)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレクトロ界に異彩を放つ音楽家がいます。マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動していて、神経科学の博士号を持つ学者としても知られています。

2000年代後半から制作活動を始め、2015年にリリースしたファースト・アルバム『Elaenia』が世界的にヒット。その力強いアナログ電子音の躍動をぜひ動画で感じてみて。

3つ目の動画は、2016年8月にリリースを控えている最新EP『Kuiper』のライヴ版。レオ・テイラー、アレックス・リーヴ、ススム・ムカイで構成される生バンドでの演奏です。映像を見ると、その迫力と世界観の広がりに解放感が感じられながらも、同時に深く没入していく感覚が味わえます。

そして、これを日本で体験できるチャンスが…。

2016年10月7日
東京公演

会場は、9月1日からオープンする「Shibuya WWW X」。もともと映画館として運営されていたビルの2階にできる2号店で、BF階には、音響、照明、映像設備ともに国内最高レベルと言われている1号店「Shibuya WWW」があります。

チケットのプレイガイド一般発売は、7月2日(土)から。Resident Advisorに掲載されたStephen Titmusの記事によれば、自宅はヴィンテージシンセサイザーやハイエンドスピーカー、あらゆる楽器などで埋め尽くされているそう。そんな彼の電子音楽はもちろんのこと、生バンドで来日するのはこれが初めてだというから、その演奏がどんなものなのかに注目が集まります。

筋金入りのレコードコレクターとしても有名な彼ですが、DJはしないのかなあ。乞うご期待!

【イベント概要】

■会場
SHIBUYA WWW X

■開催日時
10月7日 (金)
Open 18:00/Start 19:00 

■料金
5,800円(前売/1F:スタンディング・1ドリンク別)

■チケット一般発売
7月2日(土) PG発売開始
e+
ローソン(L:73037)
ぴあ(P:302-069)
iFLYER
岩盤
クレジット協力:BEATINK

■問い合わせ
03-3444-6751 (SMASH)
smash-jpn.comsmash-mobile.com

Reference:SeeSickNYC,Floating Points – Nespole,Kuiper (Live),Resident Advisor
Licensed material used with permission by SMASH

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP