ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホから寄付情報の確認も可能!国連WFPによる食糧支援のためのアプリ「FOODeliver」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今世界では、およそ8億人が飢えに苦しんでいる。先進国で暮らす私たちには想像もつかないことだが、9人に1人が飢餓によって命を落としているのは、紛れもない事実だ。

この深刻な課題を解決するため、国連WFPはITサービスに着手。スマホから簡単に食料支援のの寄付ができる、「FOODeliver」をリリースした。

・飢餓ゼロの世界をめざしてリリース

国連WFPは、飢餓のない世界を目指して活動する、国連唯一の食糧支援機関。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年平均80ヵ国で、女性や子ども8,000万人を対象に、食糧支援を行っている。

「FOODeliver」とは、食糧の“FOOD”と届けるの”Deliver”を組み合わせた造語。国連WFPのミッションである、命の危機にさらされた人々へ、食糧を“確かに届ける”という強い思いが込められている。

・寄付から情報入手まで1つのアプリで完結

アプリでできることは、4つ。まず、寄付。次に国連WFPの支援活動や、現場状況の閲覧。そして紛争や自然災害といった緊急時支援活動開始のお知らせ。寄付情報の確認も、もちろんOKだ。

何か支援をしたくても、どこで何をしたらいいかわからないという人は大勢いるだろう。その点、このアプリは手軽で簡単。いつ、どこにいても、緊急時に手を差し伸べることができるし、公的機関による提供だから、信頼性も高い。

ダウンロードは無料。Google Play、App storeより入手可能。

FOODeliver

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP