体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ローランド・エメリッヒ、ユニバーサル製作のSF映画『Moonfall(原題)』の監督へ

roland

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が米劇場公開されたばかりだが、ローランド・エメリッヒ監督はすでに次の作品に向けて始動している。

本紙ヴァラエティは、2012年にエメリッヒ、ハラルド・クローサー、スペンサー・コーエンが脚本を手掛けた映画『Moonfall(原題)』の製作権を、米ユニバーサル・ピクチャーズが獲得したことを確認した。

米ソニー・ピクチャーズも権利獲得に動いていた。エメリッヒが監督を務め、クローサーと共にプロデュースも行う。

同作はタイトルで暗示されているように、軌道から外れて地球に向かってくる月に対して、地球を救う任務に就いた人々の話だ。

エメリッヒとクローサーは、映画『デイ・アフター・トゥモロー』、映画『紀元前1万年』、映画『2012』、映画『もうひとりのシェイクスピア』、映画『ホワイトハウス・ダウン』、最近公開された『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』でチームを組んだ。

『Moonfall(原題)』は、エメリッヒが得意とするSF映画となる。『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は4068館で上映され、公開最初の週末で興行収入5000万ドルを記録すると見られている。20年前に公開されたオリジナル版は、公開最初の週末で5000万ドル、最終的には米国内で3億600万ドル、全世界では8億1700万ドルを記録した。

エメリッヒとクローサーは、CAAと弁護士のジョン・ディーマーと代理人契約を結んでいる。コーエンは、WMEと代理人契約を結んでいる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。