ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シナリオアート、新曲「エポックパレード」のMVは人間になることを夢見る醜い怪獣の冒険ストーリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国10都市を回るワンマンツアー「[Scene #2] -シンカイヘ-」を敢行中のシナリオアート。そんな彼らが7月6日にリリースする1stシングル「エポックパレード」より、タイトル曲のMVを公開した。

MVディレクターを務めたのは、先日発表されたジャケット写真、アーティスト写真と同じく、注目の若手映像作家である牧野惇。バンド史上最もポジティブな楽曲と言われるシナリオアート流ダンスミュージック「エポックパレード」を、牧野の温かみのあるアニメーションと夢幻的な実写シーンを織り交ぜ、多幸感あふれる作品に仕上げている。

【シナリオアート メンバー コメント】

普通に生きていて、何気ない一日を過ごしたとして、それをいちいち褒めてくれる人なんていない。

だけど普通に生きるってとても尊いこと。

当たり前のように今日を生き抜けた君を僕を心から祝福したい。

そんな想いを込めて音楽を作りました。

今この3人で音楽を鳴らせていて、何より僕等の音楽を愛してくれる人がいる。

こんなにも幸せだったって事に、やっとやっと気づけた。

こんな想いを引き連れて、旅に出たくなった。

真新しい冒険の はじまりはじまり。

「エポックパレード」MV
https://youtu.be/UtvTfIlzBMo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP