ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

57才男「仲間を裏切れない」とネトゲプレイし続け緊急入院

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「周りよりも自分」「主張よりも調整」「少年らしさは美徳」──。今の時代の50代の男性たちは、そんな思考を持っているという。精神科医の香山リカさんは、子供っぽくて、曖昧を好む50代男性を“50オトコ”と呼び、著書『50オトコはなぜ劣化したのか』(小学館)も話題になった。

 そこで、女性たちには理解しがたい、50オトコの“あるある奇行”を集めてみた。はて、“50オトコ”に女性たちはどう対処すればいいのか?

【ネトゲで廃人】
 55才で会社の早期退職に応募して毎日家でゴロゴロしていた夫(57才)。マンションを貸していたため、毎月家賃収入が入ってくる。それで働かなくても、夫婦ふたりが食べていくくらいはなんとかなっていました。

 ところが、子供が独立して、そろそろ夫婦の生活を楽しもうと思った矢先、夫はネットゲームにハマり、ほとんど部屋から出てこなくなったのです。そのうち食事もとらず、顔を見るのはトイレの時だけ。

「いい加減にして!」て怒ったら、「おれ1人が抜けただけで、ゲームができなくなるんだぞ。仲間を裏切るなんて最低だ!」と逆ギレしてわめきまくる始末。さすがに愛想が尽きて、私は家を出ました。

 すると4日後に病院から私のケータイに電話が。「ご主人が栄養失調で緊急入院されました」だって。まじめだけが取り柄だったエンジニアだったのに。凝り性の夫は何事も限度を知らなさすぎる…。
(主婦・52才)

【さすがパパ】
 夫(57才)の言うことに少しでも「そうかな」と否定的なニュアンスで答えると、たちまち不機嫌になります。暴力をふるったり怒鳴ったりすることはありませんが、だまりこくって、家の空気はどよ~ん。その代わり「さすがパパ!」とよいしょすると、大喜び。どこまで単純なんだと思うけれど。

 そんな夫が、最近は会社の同僚とももクロのファンクラブに入ったらしく、ももクログッズを買いまくっている。小学生の娘は「ばっかみたい~」と。あ、それをパパの前で言ったら、空気がまた重くなるので禁止だよって言い聞かせてます。
(会社員・47才)

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
話題の冷やし麺 「すだちそば」「パイナップルラーメン」
ドリアン助川がバカボンのパパを通して老子の教え実践する書
西島秀俊と向井理が結婚でネット大荒れ 全国女性衝撃受ける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP