ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トロピカル・ハウス界のプリンス、カイゴが自身初の洋楽チャート1位をマーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カイゴが「ステイ feat.マティー・ノイエス」で、自身初のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”首位をマークした。

 ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」やOMIの「チアリーダー」を筆頭に、昨年から大ブレイク中のトロピカル・ハウス。スローなデジタル・サウンドが心地良く、ダンスホールの要素も感じられる、まさに夏にぴったりなこのジャンルの代表格となるのが、ノルウェー出身の24歳カイゴだ。10億回ストリーミングされたDJとして、今年2月には米ビルボード誌の表紙を飾るなど、新人ながらも目覚ましい躍進ぶりをみせている。そして、ここ日本でもラジオを中心にブレイクの兆しを見せており、先週1位となったアリアナ・グランデの「イントゥ・ユー」に大差をつけ、今週遂に1位をマークした。

 一方「イントゥ・ユー」は、デジタル・セールス、動画再生回数ともに洋楽勢断トツのトップとなったが、エアプレイ・チャートで大幅にランクダウンしてしまったため、今週2位に。自身初となる日本企業のCM出演を果たしたカーリー・レイ・ジェプセンは、6月20日より同CMが放映となったことがきっかけにデジタル・セールスと動画再生回数が上昇し、「コール・ミー・メイビー」が7位、続く8位には「アイ・リアリー・ライク・ユー」がエントリーしており、TVの影響が未だに根強いことを証明した。

 今週唯一の初登場曲となったのは、来月【FUJI ROCK FESTIVAL ’16】での来日を控えているジェイク・バグの「ギミ・ザ・ラヴ」。自身初のセルフ・プロデュース作『オン・マイ・ワン』の6月17日リリースとともに、エアプレイ・チャートで24位に浮上したことを受けてのランクインとなった。いよいよ夏フェス・シーズンに突入し、今後出演アーティストの楽曲のチャート・アクションがさらに活発化することが予想される。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ステイ feat.マティー・ノイエス」カイゴ
2位「イントゥ・ユー」アリアナ・グランデ
3位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレイク
4位「ダーク・ネセシティーズ」レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
5位「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」フィフス・ハーモニー
6位「ソーリー」ジャスティン・ビーバー
7位「コール・ミー・メイビー」カーリー・レイ・ジェプセン
8位「アイ・リアリー・ライク・ユー」カーリー・レイ・ジェプセン
9位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
10位「ジャスト・ライク・ファイア」ピンク

関連記事リンク(外部サイト)

7月4日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
アイマス関連「ハイファイ☆デイズ」9.2万枚を売上げ総合首位、藤原さくら3週連続2位
キスマイ 2作連続の初登場総合AL1位獲得、『HiGH & LOW』ベスト・レキシが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP