ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「納豆に何入れる?」の話題が参考になる 粉カラシにお漬け物?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「納豆に何入れる?」の話題が参考になる 粉カラシにお漬け物?

日本食を代表する食品の一つ「納豆」。
これがなきゃ朝ご飯じゃない!毎日1パックは必ず食べる!という熱烈ファンが多い一方、臭い、まずい、糸ひくとかマジやばすぎ~!といった理由から嫌う人が多い食品でもあります。

【関連:北海道の萌えキャラ『北乃カムイ』完全監修による痛納豆が新発売!】

ねばぁと糸ひく納豆

でも熱烈ファンからすれば毎日の食に欠かせないほどの必須食品。「ねばねばねばねばねばねばねばねば~」※を愛してるんです! ※分かる方はドラマ「不良少女とよばれて」主題歌「NEVER」のメロディーで脳内再生ください。
それ故食べ方は様々で、ついこのごろネット上で「納豆に何入れる?」という話題が盛り上がっていました。

ちなみに筆者はスタンダードに付属のタレ+カラシのみ。
たまに卵を1個入れる時だけ、調味料に醤油かめんつゆを足します。付属タレ+カラシを使わないという人も多いんですが、なんだか捨てるのもったいなくて。最近ではタレ+カラシが付属していない納豆もありますが、納豆自体が個人的に好みじゃない風味なのでいつもどおりの納豆で安定しています。

一応紹介しておくと好きなブランドはおかめ納豆の「極小粒」。あと以前、北海道の萌えキャラ北乃カムイさん監修による痛納豆で知った、内藤食品工業株式会社(北海道室蘭市)の「おらが街」も臭くて好きです。たまにしか手に入りませんけど、濃厚な香りと味で「あぁ、納豆食べてるぅ~」という満足感を与えてくれます。

■付属タレ+カラシを使わない人多数

筆者の好みは置いといて世間の好みはと言いますと、調味料に関してはやはり「付属のタレやカラシを使わない」という人がそれなりにいました。
使わない場合には好みの醤油、薄口醤油、めんつゆを加えて食しているそうです。変わったところだと「塩だけ」という人も。

さらに追加調味料として人気なのがマヨネーズ。これは筆者的には以外でした、今度食べる時試してみようとこっそり思いましたが、ちょっと味の想像はできません。まろやかになるんでしょうかね。

あと多かったのが砂糖。 砂糖を加えるのは主に東北以上の地域に多いと言われています。以前個人的にリサーチしたことがあるのですが、入れる量は様々で小さじ1杯~2杯程度の人が多いようです。
甘ったるくするというより、ひと味足すという感じで使われています。でも人によっては「大さじ1~2杯!」という方もいましたので、まぁ最終的には好みですね。

ネギだけトッピング

■トッピングは卵とネギが人気

トッピングについては大定番の「卵」と「ネギ」という人が多かったです。ただ卵の場合は食べ方に拘って「黄身だけ」という方が多く、理由は「白身を入れると味がぼやけるから」というのがもっぱら。

他にも定番「キムチ」も人気」。一時期、納豆にキムチを入れるとより体に良い!って話題にもなりましたしね。

さらに「おかか」や「豆腐」も人気です。豆腐は半丁程度を潰していれて、他に漬け物類(たくあんなど)や卵も組み合わせて食べるそうです。
かなりボリュームアップしそうですよね。単なる朝食の添え物というよりはこれだけで充分メインになりそうです。お昼のランチや夕飯で出してもよさげな量。

それにしても「納豆」一つでこんなにも食べ方があるとは改めて見ると少し驚きます。また人の意見を見て、「あ、これ試してみようかな」という気にも。筆者の場合のマヨネーズがそれですね。

黄身だけトッピング

最後に、意見として上っていた調味料&トッピングをまとめて掲載しておきます。気になるものがあれば是非一度お試しを。

▼調味料

・砂糖
・塩
・一味唐辛子
・マヨネーズ
・カラシの代わりに粒マスタード
・付属のカラシではなく市販の粉カラシ
・付属のタレではなく普通の醤油
・付属のタレではなくめんつゆ

▼トッピング

・キムチ
・おかか
・豆腐
・大根おろし
・大葉
・しらす
・漬け物類(たくあん、野沢菜、高菜など)
・刺身

・卵
・卵の黄身だけ
・卵+豆腐
・卵+ネギ
・卵の黄身+ネギ

・ネギ
・ネギ+大根おろし
・ネギ+しらす

・マヨネーズ
・マヨネーズ+カラシ

(文:栗田まり子)

関連記事リンク(外部サイト)

夏場のYシャツで論争勃発「半袖VS長袖の袖まくり」
「了解いたしました」は上司に使っていいって本当?
指の長さで草食系か肉食系かわかっちゃう!? あなたはどのタイプ?

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。