ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホと連動する車用バックカメラ「PEARL REARVISION BACKUP CAMERA」が超優秀!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

駐車場や車庫から車を出す際に起こる衝突事故が、後を絶たない。

原因の大半は、バックミラーで確認しきれなかったり、人や障害物が死角に入っていて、わからなかっというもの。車に傷がつく程度の軽微な損害ならいいが、人身事故に至るケースも数多くある。安全対策を施しておくに、越したことはない。

そこで役立つのが、車用バックカメラ。リアガラスやナンバープレートに取り付けるだけで、後方の様子が確認できるというスグレモノだ。

ただし、ほとんどが映写用のモニターを必要とするため、車内のスペースを取ってしまうのが難点。そこでおすすめしたいのが、この「PEARL REARVISION BACKUP CAMERA」。モニターの代わりにスマホを使った、とびきり利便性の高いシステムだ。

・スマホで後方状況を視認

市場に出回っている多数のバックカメラがそうであるように、「PEARL REARVISION BACKUP CAMERA」も、車のナンバープレートに取り付ける。

他社製品では、同時に小型カメラを設置したりするが、本品の場合はまったく別物。カメラを付けたら車内に戻り、OBDポートに専用のカーアダプターを差し込むのだ。

それが済めば、今度はアプリのダウンロード。あとはスマホを、自分が見やすい位置にセッティングすればいいだけ。カーアダプターが、ワイヤレスでスマホにコンパニオンカメラフレームをペアリングする。高度な画像処理技術で、鮮明な映像をスマホに映し出すと同時に、ビデオストリーム分析によって障害物を検出。危険なときは、アラートを送信する仕組みだ。

・太陽光でパワーを蓄積

ポイントは何と言っても、手持ちのスマホが利用できるところ。映写用のモニターを取り付けないから、省スペース。フレーム自体がソーラーパネルになっているため、充電いらずな点も、またよしだ。

価格は499ドル(約5万円)。ホームページから、プレオーダー可能。

PEARL REARVISION BACKUP CAMERA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP