体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Supership・アップベイダー・Socket CTO対談。KDDIグループ企業の開発環境、技術交流とは?

KDDIグループが、M&Aでオープンインターネットに本腰

東京・南青山「骨董通り」に面したオフィス。木の香りが残るフローリングの共有スペースには筋トレマシンやエアロバイクもある。マシンにまたがってフィットネスしながら、コードを書くエンジニアもいるという。

置かれたデスクやソファのデザインがまちまちなのは、このオフィスが複数のスタートアップが集結した事業体で、それぞれ元のオフィスにあった家具などをそのまま持ち込んだからだ。

それぞれがSyn.ホールディングスの傘下で、オープンインターネット領域を先導するさまざまな技術やビジネスを展開している。

グループ全体の経営方針を策定するのが、2014年10月に設立されたSyn.ホールディングス。KDDIが、オープンインターネット領域における新たな戦略「Syn.(シンドット)」構想を打ち出したのと同時期に設立され、KDDIのオープン領域における事業拡大を推進する役割を担っている。

Syn.ホールディングスは2015年9月、スマホ領域で独自のサービスと技術を展開するスタートアップのM&Aにも乗り出した。

一つが、スマホアプリ向け動画広告配信の独自技術を持つアップベイダー。もう一つが、ECサイトなどの訪問者に自動で接客を行うスマートフォン向け接客プラットフォーム「Flipdesk」を開発・運営するSocketだ。

さらに、11月にはすでにSyn.ホールディングス傘下にあったスケールアウト、nanapi、ビットセラーの3社を統合して、Supershipという会社を新たに設立した。

統合やM&Aの対象となった5社(現在は、Syn.ホールディングスの下にアップベイダー、Socket、Supershipの3社体制)は、それぞれ麻布十番、道玄坂、原宿などにオフィスを構えていたが、2015年1月以降順次、南青山オフィスに集結。個々の開発スタイルを維持しながらも、グループとしてシナジー効果を追求し始めた。

スマホで狭くなったインターネットを再度広げるシナジーを追求

こうした急ピッチなM&Aの背景を語るのは、元スケールアウトの創業メンバーで、現在はSupershipの取締役でCTO室・室長を務める山崎大輔氏だ。

Supership株式会社 取締役 CTO室 室長 山崎 大輔氏
大学卒業後、半導体メーカーを経てヤフージャパンに入社し、広告システム開発全般に携わる。2006年スケールアウトを設立し、DSPを主軸とした「ScaleoutAdPlatform」を提供。2013年medibaに買収され、KDDIグループ入り。

「インターネット利用がPCからスマートフォンへ移行するにあたって、便利なはずのインターネットがときに窮屈に感じられることがあります。スマホアプリはたくさんインストールするけれど、頻繁に使うアプリは限られている。また、リンクで繋がっていたPCインターネットと異なり、一つひとつのアプリが独立しているため、それぞれ小さな窓からパターン化したインターネットを見ている感じ。私たちはこうした現状を打破したいと考えました。

まさにSyn.構想もその一つですが、特定企業が特定の場所でユーザーを囲い込むのではなく、各サービスが緩やかに連携することで、互いのユーザーを相互に送り合える環境を創りたいと考えました。これによってユーザーも、インターネットサービスの本来の広がりを実感できるのではないでしょうか」

ただ、そのためにはアライアンス企業の充実と共に、KDDIグループとして複数のインターネットサービスやアドテクノロジーを融合し、そのシナジーを発揮する必要がある。それが、今回のM&Aやオフィス統合の背景だった。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。