ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏こそチュルンといきたい! 山形名物「冷やしラーメン」の誕生秘話&正しい食べ方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_Writer:20160531184621j:plain

近年東京でひとつのブームを巻き起こしている、山形発祥の「冷やしラーメン」。都内のラーメン店でも提供されている他、コンビニラーメンとしてもとてもポピュラーな存在となりました。暑い夏にこそ食べたい冷やしラーメンですが、その誕生秘話と正しい食べ方をご存知でしょか? 山形在住のメシ通ライター、矢口がお教えします!

ラーメンブロガー注目のお店、山形県天童市「麺屋いばらき」

f:id:Meshi2_Writer:20160531190222j:plain

冷やしラーメンの誕生秘話を探るべく、山形在住の私が訪ねたお店がコチラ。天童市にお店を構える「麺屋いばらき」です。

ラーメン消費量日本一を誇るラーメンの激戦区、山形において今ラーメンブロガーが最も注目するお店のひとつなんですよ。

f:id:Meshi2_Writer:20160531191035j:plain

モダンな雰囲気のお店の暖簾をくぐると、そこには威勢のいい声で出迎えてくれるイケメン店主・茨木一学さんがいました。

噂では、店主目当てに訪れる女性ファンも多いのだとか。ここだけの話……店主はまだ独身だそうです。

f:id:Meshi2_Writer:20160531184621j:plain

さっそく目的の冷やしラーメンを注文することに。それがコチラ。

「おろし中華(600円)」

鶏ベースの透き通ったあっさり醤油スープに、コリコリとした歯ごたえの親鶏のチャーシュー、大根おろしがのっています。いわゆる一般的な冷やしラーメンとは違ったタイプのラーメンですが、ここを取材先に選んだのにはワケがあります。まずは店主に、元祖冷やしラーメンの誕生秘話をうかがってみました。

冷やしラーメンのルーツは山形市のそば店だった

f:id:Meshi2_Writer:20160531193152j:plain

冷やしラーメンは、山形市にお店を構えるそば店「栄屋本店」が発祥なんだとか。戦後、とある常連客の「冷たいそばがあるんだから、冷たいラーメンがあってもいいだろう」という一言がきっかけでメニューを開発したそうです。

ただ、一番苦労したのは、スープの脂が固まってしまうこと。そこで約1年ほどかけて研究と試行錯誤を重ねていくと、牛脂だと固まりにくいことが判明。昭和26年夏、牛スープと牛チャーシューが特徴的な元祖冷やしラーメンが完成したんだそうですよ。意外に古い歴史があるんですね。

知られざる冷やしラーメンのもうひとつのルーツ

f:id:Meshi2_Writer:20160531195358j:plain

さて、なぜ私が今回の取材先としてこちらのお店を選んだか、それは知られざる冷やしラーメンのもうひとつのルーツがここにあるからなのです。

f:id:Meshi2_Writer:20160531195731j:plain

「麺屋いばらき」店主のご実家は、山形県河北町のラーメン店。河北町といえば、ご存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれません。近年B-1グランプリを賑わせている”冷たい肉そば”発祥の地なのです。

f:id:Meshi2_Writer:20160531200358j:plain

“冷たい肉そば”のお店が軒をつらねる河北町で、今もラーメン店を営んでいる店主の親父さん。

その昔「“冷たい肉そば”があるんだから、冷たいラーメンがあったっていいだろう」と始めたのが、さきほど写真でご紹介した「おろし中華」なんだとか。あれ? どこかで聞いたセリフです。

今では、来店するお客さんのほとんどがこの「おろし中華」を注文するそうで、その人気ぶりが美味しさを物語っています。

f:id:Meshi2_Writer:20160531201059j:plain

しかし、元祖冷やしラーメンが固まりにくい牛脂を使用している一方で、こちらは親鶏のスープと鶏脂を使用しているため、どうしても脂が固まりやすい性質を持っています。

そこで、こちらも研究と試行錯誤を重ねて、脂が固まらない絶妙な温度管理を編み出したのだとか。その親父さんから秘伝の製法を受け継ぎ、「麺屋いばらき」では開発者直伝のラーメンとして、「おろし中華」を提供し続けているのです。

冷やしラーメンの“正しい食べ方”とは?

f:id:Meshi2_Writer:20160531202514j:plain

ちなみに、元来山形のそば店は、仕事のあとに一杯やるお店という居酒屋文化があります。

以前、河北町ではそばの他に馬肉の煮込みを提供していたそうです。とある常連客がそれをそばの上にのせたことがきっかけで、冷たいかけそばの上に肉と刻みネギがのる、今の“冷たい肉そば”のスタイルに発展したのだそう。

つまり、上に乗る肉と刻みネギをつまみながらお酒を飲み、最後のシメにそばをすするのが“由緒ある正しい食べ方”なんだそうです。お酒を飲みきる最後まで、麺が伸びないようにするために冷やしたというのが、冷やしラーメンの本当の誕生秘話なのかもしれませんね。

f:id:Meshi2_Writer:20160531205018j:plain

「さすがに今の時代、そんな食べ方されたら困りますけどね……」

そう冗談まじりに言いながら、笑い飛ばす繁盛店の店主。お店が空いているときに、山形の美味しいお酒を飲みながら、一度チャレンジしてみても面白いかもしれませんよ。

f:id:Meshi2_Writer:20160531203339j:plain

近年ブームを巻き起こしている冷やしラーメンには、そば店の常連客が発した思わぬ一言と、山形の居酒屋文化にルーツがある、冷たくもあたたかい誕生秘話がありました。

この夏は是非、山形の冷やしラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?

お店情報

麺屋いばらき

住所:山形県天童市北目3−8−3

電話番号 :090-8922-5849

営業時間:11:00〜14:00、夜営業 18:00〜20:00(月火金土のみ)

定休日:木曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

f:id:hotpepper-gourmet:20160523102809j:plain

書いた人:

矢口優太

1985年、山形県最上町生まれ。桜美林大学卒業後、家業であるタクシー会社に勤務。新規に旅行代理店・カフェ事業を立ち上げる。東京で大手旅行会社勤務を経て、2013年より念願の音楽業界へ転身。ライブ制作・マネジメントの傍ら、経験を活かしてフリーライターとしても活動。最上ロックフェス主宰も務める。 Twitter:@yuta69nroll

矢口優太さんのすべての記事

関連記事リンク(外部サイト)

手軽な山形の「だし」の作り方。だいたいでいい。だいたいでなくてもいい。

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。