体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏こそチュルンといきたい! 山形名物「冷やしラーメン」の誕生秘話&正しい食べ方

f:id:Meshi2_Writer:20160531184621j:plain

近年東京でひとつのブームを巻き起こしている、山形発祥の「冷やしラーメン」。都内のラーメン店でも提供されている他、コンビニラーメンとしてもとてもポピュラーな存在となりました。暑い夏にこそ食べたい冷やしラーメンですが、その誕生秘話と正しい食べ方をご存知でしょか? 山形在住のメシ通ライター、矢口がお教えします!

ラーメンブロガー注目のお店、山形県天童市「麺屋いばらき」

f:id:Meshi2_Writer:20160531190222j:plain

冷やしラーメンの誕生秘話を探るべく、山形在住の私が訪ねたお店がコチラ。天童市にお店を構える「麺屋いばらき」です。

ラーメン消費量日本一を誇るラーメンの激戦区、山形において今ラーメンブロガーが最も注目するお店のひとつなんですよ。

f:id:Meshi2_Writer:20160531191035j:plain

モダンな雰囲気のお店の暖簾をくぐると、そこには威勢のいい声で出迎えてくれるイケメン店主・茨木一学さんがいました。

噂では、店主目当てに訪れる女性ファンも多いのだとか。ここだけの話……店主はまだ独身だそうです。

f:id:Meshi2_Writer:20160531184621j:plain

さっそく目的の冷やしラーメンを注文することに。それがコチラ。

「おろし中華(600円)」

鶏ベースの透き通ったあっさり醤油スープに、コリコリとした歯ごたえの親鶏のチャーシュー、大根おろしがのっています。いわゆる一般的な冷やしラーメンとは違ったタイプのラーメンですが、ここを取材先に選んだのにはワケがあります。まずは店主に、元祖冷やしラーメンの誕生秘話をうかがってみました。

冷やしラーメンのルーツは山形市のそば店だった

f:id:Meshi2_Writer:20160531193152j:plain

冷やしラーメンは、山形市にお店を構えるそば店「栄屋本店」が発祥なんだとか。戦後、とある常連客の「冷たいそばがあるんだから、冷たいラーメンがあってもいいだろう」という一言がきっかけでメニューを開発したそうです。

ただ、一番苦労したのは、スープの脂が固まってしまうこと。そこで約1年ほどかけて研究と試行錯誤を重ねていくと、牛脂だと固まりにくいことが判明。昭和26年夏、牛スープと牛チャーシューが特徴的な元祖冷やしラーメンが完成したんだそうですよ。意外に古い歴史があるんですね。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。