ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おつまみには枝豆! 脳をパワーアップさせるってホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おつまみには枝豆! 脳をパワーアップさせるってホント?

グビッと1杯のビールが美味しい季節が近づいてきました。ビールのお供と言えば、シャッキリした枝豆! これにはきちんと理由があるのです。枝豆にはビタミンB1が豊富に含まれていますが、ビタミンB1にはアルコールの代謝を向上させて二日酔いや悪酔いを防ぐ効果があるのです。もちろん枝豆には、ビタミンB1以外の栄養も豊富。今回注目したいのは、枝豆に含まれる“レシチン”の効果です。

“レシチン”の働きはこんなにある!

レシチンは別名ホスファチジルコリンといい、リン脂質の一種です。私たちの体を構成する細胞の一つひとつを包む細胞膜の成分で、特に神経の細胞に多く存在すると言われています。新しい細胞を作り出したり、細胞に必要な栄養を取り込んだり、老廃物を排出したりする働きがあり、レシチンの働きによって、細胞に栄養が取りこまれ活性化するのです。そのため、レシチンを摂取することで、細胞の老化を遅らせたり、脳を活性化する、神経細胞を活性化するなどの働きがあると言われています。

頭を活性化する“レシチン”の働きに注目!

レシチンは細胞膜にある成分なので、脳細胞もレシチンによって構成されていると考えられます。さらにレシチンは吸収されると脳でアセチルコリンに変わる特性があるのです。アセチルコリンは、神経伝達物質の材料になる成分。ドーパミンやセロトニンなどとして脳細胞で伝達をする際には欠かせません。レシチンを摂取すると集中力や記憶力が増す効果があると言われていますが、アセチルコリンが不足すると脳機能がダウンしてしまうため、脳細胞間でさまざまな情報が伝達できなくなってしまうのです。このように、脳の働きを活性化するのがレシチンの役割。枝豆にはこのレシチンが豊富なのです。

もちろん枝豆には、いろいろな栄養素がいっぱい!

枝豆には良質のタンパク質やカルシウム、カリウム、ビタミンB1、B2などが含まれていて栄養価が高い食材です。枝豆は大豆になる前に収穫したものですが、大豆にはないビタミンAやビタミンCを含んでいるのも特徴です。こんなに栄養が豊富な枝豆が、ビールのおつまみだけじゃもったいない。いつものサラダに加えてみてはいかがでしょうか? カリウムには体内の水分を排出してむくみを改善する効果がありますし、ビタミンAは肌の粘膜を正常に保つ働きがあるので、キレイなお肌を作るために欠かせません。さらにレシチンの働きで集中力や記憶力が高くなるとしたら、素晴らしいですよね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。