ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『レノア本格消臭』梅雨時などの部屋干しで発生するイヤな生乾き臭を完全無臭化できるというのは本当か、検証!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファブリーズとの共同開発で2004年に生まれた消臭に特化した柔軟剤シリーズの「レノア」。その10年以上にわたる技術の結晶として完全無臭化を実現したと話題なのが『レノア本格消臭』。折しも梅雨時、部屋干し・生乾きの臭いが気になる時期なので、旧製品とともに3製品を検証してみた。

本来は衣類を柔らかくする役目だったはずなのに…

そもそもを考えれば柔軟剤はソフターや衣類のリンスとも呼ばれ、洗濯後の衣類をふわふわと柔らかくするのが役目だった。ところが近年は消臭と香り付けという余計な役目を背負わされるようになり、いろいろ大変な状況である。別途ビーズなどを投入した強力な香り付けは職場のハラスメントの一つとして問題になったくらい。

 

そんな中、梅雨時や住宅事情的に部屋干しをせざるをえない状況も近年は増えている。そうなると問題になってくるのは、特有の生乾きの臭いだ。ぞうきん臭とも呼ばれるその悪臭は、せっかく洗濯しても台無しなので、大問題。


生乾き臭の発生原因は、乾燥時間にある。濡れたままの洗濯物は雑菌が繁殖しやすい。外で天日干しにすれば太陽と風のおかげで自然と乾燥スピードが速くなるので、生乾き臭は起こりにくい。一方部屋干しをした場合はどうしても空気が動かない、太陽などの熱もないということで、雑菌が繁殖するための時間を豊富に与えてしまうことになる。

 

対策としては除湿機を使う、エアコンのドライモードを使う、扇風機やサーキュレーターの風を当てるという手もあるが、どれもそれなりにコストがかかってしまう。特に扇風機は安価なACモーター採用のものだと、エアコンよりも消費電力が多いということにもなりがち。扇風機を使うならDCモーター採用の機種に絞るべきだ。

 
そういう背景の中、一番手軽なのは普段使用している柔軟剤を防臭対策の製品に変えることである。抗菌などとうたっていたりするものは、皆こうした生乾き臭対策製品。香りでごまかすという手もあるが、それは反則だろうというのが「レノア」の言い分。

 

そこで進化してきたのが「レノアプラス」で、最終バージョンでは自然由来のユーカリエッセンスを配合してそれなりの防臭効果を実現してきたのだが、それでは足りぬとばかりにプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)が化学的消臭法による無臭化技術を採用、4月に市場に投入したのが『レノア本格消臭』(580ml・実勢価格 税込282円・2016年4月発売)である。

 

今回はそんな無臭化技術の真価を検証すべく、『レノア本格消臭』と同シリーズでスポーツの汗臭対策に特化して最強消臭を謳う『レノア本格消臭SPORTS』(550ml・実勢価格 税込348円・2016年4月発売)と、リニューアル前の『レノアプラス』の3製品を比較してみた。

 

■『レノアプラス』
(2009年発売※終売)


すでにリニューアル後のため、詰替用しか入手できなかったが、消臭効果アップを検証するために使用してみた。香りはフレッシュグリーンで、抗菌効果と花粉ガード効果もある。パッケージに大きく書かれているのは「速乾で防臭」の文字。生乾き臭=乾燥速度という公式を知っている人にはなるほどだが、知らない人にはピンと来ないかも。


成分はエステル型ジアルキルアンモニウム塩という界面活性剤と安定化剤。自然由来のユーカリエッセンスを配合して、加齢臭、汗臭、タバコ臭を防ぐというのが売りだった。これはこれで評判の高かった製品で、ほのかなグリーン臭は強い柔軟剤になれた人には物足りないかもしれないが、男性などには安心の香り立ちであった。

 

それでは実際に洗濯してみよう。柔軟剤適用後の香りは爽やかなグリーンの風のようで心地よい。では部屋干しをしてみる。午前10時に干して夜8時に乾燥終了。同じ室内でエアコンの軽い送風は使用したが、基本的に風は当てていない。

 

さすがに天日干しのようなパキッとした乾きぶりではないが、ふんわり仕上がった。匂いを嗅ぐ。爽やかなグリーン臭以外、これといって生乾き臭は感じない。リニューアル前の製品だというのに、生乾き対策はかなり万全。洗濯物中心部に干していたタオルが若干遠くで生乾き臭がするような気がするが、香りでごまかされて(?)正直はっきりしない程度。それではこの結果を踏まえて、いよいよ”本格消臭”の検証だ。

 

どこまで生乾き臭が抑えられるのか、3種製品を実際に洗濯・部屋干しして比較!

 

■『レノア本格消臭』
(580ml・実勢価格 税込282円・2016年4月発売)


イメージキャラクターにマツコ・デラックスを迎えて盛大にCMキャンペーンを繰り広げている『レノア本格消臭』。10年にわたる研究によって開発された無臭化技術が売りで、何と悪臭をマスキング(包み込む)ことで香りでごまかすことなく科学的消臭することができるんだとか。ただ成分表示がエステル型ジアルキルアンモニウム塩(界面活性剤)と安定化剤という構成は同じなのが不思議。

 

こちらも実は「レノアプラス」に比べてミクロなサイズではあるが”速乾”を特徴としている。この『レノア本格消臭』がすごいのは、生乾きの臭いを防ぐだけでなく、着用後も夜まで臭わないという持続型消臭機能にある。それでは試してみよう。


洗い上がりは「レノアプラス」と同等のフレッシュグリーンの香り。シリーズには他に「リラックスアロマ」と「フルーティーソープ」の香りも存在するが、比較のため敢えて同じ「フレッシュグリーンの香り」をセレクトしてみた。

 

洗濯後の衣類を同条件で部屋干ししてみる。午前10時に干して夜8時に乾燥終了。ほとんど同じ条件で、嗅いでみる。うん、なるほど、無臭化技術とはこのことか! 確かにグリーンの香りはするのだけれど、その根っこの部分は確かに無臭。拍子抜けするような香りの無さである。念のため汗をかいて半日置いておいたTシャツも入れておいたのだが匂いがしない。まるで鼻がバカになったような、そんなタイプの無臭感。

良い香りは長続きするとのことだったが、確実に良い香りも消臭している気がする。というか、むしろ香り付けがきつくなったような。何だかグリーンの香りの良い部分まで消臭してしまい、結果として化学的な香りだけが残っているような不自然な香り立ち。まあ生乾き臭防止という第一目的は達しているわけで、文句をつける筋合いではないが科学的防臭だけでなく科学的匂い付けというのはいかがなものか。


その後の着用にも問題はなく、香りが売りの製品の良い香りとは違うが、それなりに快適に過ごした。だが、一つ問題が。記者は枕カバーの上にバスタオルを敷いて毎日交換して清潔度を保っているのだが、『レノア本格消臭』で洗ったバスタオルで寝た時に翌朝かゆみを若干感じたのだ。これは『レノア本格消臭』のせいなのか?

 

■『レノア本格消臭SPORTS』
(550ml・実勢価格 税込348円・2016年4月発売)


さらに『レノア本格消臭』の消臭力を倍増させたのが『レノア本格消臭SPORTS』。30ml少なく、価格も上昇。果たしてそれだけの価値があるのか。『レノア本格消臭』の時と同様に汗まみれのTシャツを半日置いたものを含めて洗濯。成分は基本は同じだが、香料が追加されている。あれ、香りでごまかさないんじゃなかったのだろうか。


同条件で部屋干しして検証。部屋中が不思議な香りに包まれる。これは…、正直苦手な匂い。男性の加齢臭に効くとか汗臭に効くという消臭スプレーを含む製品でいつも疑問を感じるのは、そうした製品って、香り付けが加齢臭や汗臭に寄せてきてないかということ。そもそもの香り付けが男臭いというか、限りなく嫌な匂いに近いのだ。この『レノア本格消臭SPORTS』も同じく「フレッシュシトラスブルーの香り」ということだが、どことなく雨の日の電車に乗り込んできたスーツの人と根っこを同じくする匂いを感じてしまう。これを良い臭いと感じる人はいるのだろうか。

また同様に枕カバーとして使用しているバスタオルを使用して、ムズムズとしたかゆみが起きた。これまで『レノアプラス』や個人的に使用している「レノアハピネス」では起きなかった現象。まさか記者自身を悪臭の元として攻撃しているのか!?

まとめ:部屋干しの匂いは消えるが人工的な香料の香りが気になる!


完全消臭は嘘ではない。どれもきちんと生乾き臭は除去できたと思う。問題なのはその後の香り付けだと感じた。近年自然な良い香りの柔軟剤がたくさんリリースされているだけあって、ちょっと香り付けが乱暴なのではないか。それならそれで香り付けは放棄して、香り付けビーズに任せて本格消臭に専念してくれれば、それはそれでコストは上がるが使いではある気がした。

 

とりあえずアレルギー体質の記者はかゆみの問題で使えないと決断せざるを得なかったが、大丈夫な人は生乾き臭防止のために使えると思う。ただ香りが好みだという大前提があるので、事前に確かめてから購入したい。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

消臭スプレー3種比較!『ファブリーズ』『ハイジア』『リセッシュ』使って調べたが、違いはあるか?
梅雨を快適に乗り切る! 折りたたみ傘カバー3種を比較! どれが一番使いやすい?!
『日焼け止めスプレー』日本最強の3種比較!資生堂・ビベッケ・KOSE、この夏使いたい1本はこれ!
ボール型の柔軟剤『ウールジーズ』! 敏感肌でも安心のケミカルフリーなロハス・アイテム!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP