ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterクライアント「tweecha方言カンパ版」が岡山弁をサポート、アプリの半額セールも実施中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 用の Twitter クライアント「tweecha」の方言カンパ版が 46 種類目の方言となる「岡山弁」をサポートしました。tweecha は使いやすいタブ型タイムラインを採用したマルチアカウント対応の Twitter クライアントで、その方言版は、アプリの UI を全国各地の方言で表示することに対応しています。これまで、tweecha では、福岡県北九州弁や大阪のおっさん弁、広島弁、青森県津軽弁など 45 種類の方言をサポートしてきましたが、新たに岡山弁にも対応しました。なお、tweecha では今回の岡山弁のサポートを記念して、アプリの半額セールが実施されています。期限は明日 6 月 30 日までです。「tweecha」(Google Play)

■関連記事
Motorola、米国で「Moto G4」「Moto G4 Plus」の予約受付を開始、4GB RAMモデルもあり
Googleが提供している「Daydream」のペイントアプリとコントローラーアプリのデモ動画
上海問屋、スマートフォンやタブレットの画面に貼る吸盤着脱式のジョイスティック「DN-913986」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。