体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

6月8日、表参道ヒルズ スペースオーで「RMK AUTUMN-WINTER 2016 COLLECTION」が開催されました。

RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとうRMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

RMKの今年の秋冬テーマは「THE SILVER SCREEN」。会場入口も映画館のエントランスのように演出されていました。
ノスタルジックなフィルム映画からインスパイアされたメイクアップは、クラシカルな色彩とツヤめいた質感をまとえます。レトロなのに新しい、RMKらしい感性が堪能できた展示会の様子をお届けします!

会場へ入ると、フィルム映画をモチーフにした新作アイテムの展示が。
RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

RMK クラシック フィルム アイズ 全7色 ¥各3,000(税抜) 2016年8月12日発売(8月3日web先行発売)※数量限定品
RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

RMK ネイルカラー EX 新5色 ¥各1,500(税抜)2016年8月12日発売(8月3日web先行発売)※数量限定品
RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

RMK Wアイブロウカラーズ 全4種 ¥各3,800(税抜)2016年8月12日発売(8月3日web先行発売)
フィルムそれぞれには、”RMK THE SILVER SCREEN”、”#RMKシルバースクリーン”と印字されています。細かい演出がニクイですね。

そして、今回の展示会はアイテム紹介だけではありません!
会場スタッフによって、会場奥へ案内されると・・・
RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

そこは、RMKプロデュースの映画館となっていました!!

開始ブザーが鳴り、映し出されたのは、モデルのメイクシーン。
RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

モノクロなのが、雰囲気があってよいです。古さは全然感じません。顔のメイクアップとヘアを整えるまで、映像がずっと流れていました。さて、この後どうなるのかなと思ったら・・・。

RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

スクリーンの後ろから、モデル本人が登場!!
このステージのためのメイクアップだったのかと演出に感激。さらに、別のメイクを施したモデルがもう1人登場し、客席をウォーキング。

RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとうRMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとうRMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

映画館が一気にランウェイと化しました。ウォーキングが優雅で見ていて気持ちよいです。

モデルが着席すると、RMKクリエイティブディレクターのKAORIさんが登場。
RMK秋新色で、クラシカルな銀幕女優の色彩とツヤめきをまとう

1 2次のページ
生活・趣味
tokilaの記事一覧をみる
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy