ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女優だけじゃない! 美しすぎるシニア女性が街中に増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビの世界では美しいシニア女性の活躍が目立っている。時にその美しすぎる容姿がニュースにもなるほどだ。例えば、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)の大地真央(60才)。ヒロイン・常子の祖母役で、白髪のかつらをかぶった老婆姿で登場する。そんな大地に「若すぎる」「シミもしわもまったくないなんて信じられない!」「美しすぎてドラマに集中できない」などと大きな反響となった。

「大地さんの美意識はすさまじく、特に体の中に入れるものへのこだわりは徹底しています。コラーゲンが大好きで、すっぽんは月に1~2回食べに行きますし、ツバメの巣は10年以上毎日とっているそうです。白髪になりにくいといわれた黒ごまも20年以上とり続け、だしには地元・淡路島の煮干ししか使わないそうです」(大地を知るスタイリスト)

 前作『あさが来た』でも、やはり「美しすぎる」騒動が起きていた。萬田久子(58才)は、老舗両替商の女将から、没落して農業を営むようになるという役柄だったが、テレビに映るその爪が、いつもピカピカしていたことから賛否両論がわき起こった。というのも、爪や手は、普段きちんと手入れをする顔と違って、特に年齢を感じさせやすい部分。それゆえ、「ネイルもマニキュアもしていない」という公式コメントにはさらに驚きの声が殺到した。

 同作ではヒロイン・あさの姑を演じた風吹ジュン(64才)の、うるおいたっぷりの透き通るような肌も話題に。

 もちろん彼女たちは女優であり美の達人。それゆえ「私たちとは違う世界の人だから」…そう思ってどこかでキレイでいることをあきらめる人が昔は多かったが、今は違う。いくつになっても美しくありたい。そう願い、実際、美しい人が増えているのだ。

 女性セブンが、街ゆくキレイなシニアに声をかけると、みなそれぞれに輝く秘密があった。銀髪のショートヘアに着物がよく似合う横山佳つ江さん(60才)は、2年前からお茶を習っているという。

「若い子に交ざって、私なんてまだまだペーペーなのよ(笑い)。習い事を始めたのは、自分の世界を広げたかったからなんです。新しい世界が広がるって楽しいですよ。実は16年前、主人が会社を立ち上げたその年にがんで亡くなってしまって。その時に健康は大事だと思ったのが大きかったですね。健康になるために努力しようと思ったし、そのためにはまず自分が幸せにならないとと思って。でも昔は夫の会社を守るためにも、2人の息子を育てるためにもがむしゃらで、いつも眉間にしわを寄せていた(笑い)。

 それが子供もそれぞれ結婚して、孫も1人と家族が増えて、やっと最近は素直に生きられるようになってきたんです。息子たちにべったりせず、ひとりで一生懸命遊んでるの。今はとても幸せ」

 映画も食事もおひとりさまにしていると語るのは、佐藤明子さん(66才)だ。

「主人は一緒についてきたがるんですけど(苦笑)、ひとりがいちばん楽しい。気を使うじゃない、どういう仲間でも。それに噂話や悪口って、面倒くさいし、言いたくないのに仲間にされちゃう。この年だから、そういうのはもう卒業したのよ(笑い)。その時間があるなら、ひとりでおいしい食事とお酒をいただいたほうが楽しいじゃない?」

 3月、雑誌『クウネル』がリニューアルされ話題を呼んだ。「年齢を重ねても、心は青春のまま」と感じている50代以上の女性に向けて、内容が一新。同雑誌にはファッションデザイナーの島田順子さん、モデル・歌手・文筆家の甲田益也子さん、モデルの結城アンナさんら、エイジレスに輝く女性たちが登場している。編集長の淀川美代子さんは、かつてのシニアと今のシニアに、大きな違いを感じると言う。

「今のシニア女性たちは見た目も気持ちも本当に若く、7がけといわれています。60才の人が42才という換算。かつては年相応に、とおしゃれをするのをあきらめ、自ら老け込んでいきました。でも今は、いくつになってもキレイでありたい、という意識に変わっています。それが世の中に浸透したのは、2013年に発売された『アドバンスト・スタイル』からではないでしょうか」

『アドバンスト・スタイル』とは、ニューヨークで見つけた60~100才台のおしゃれ上級者を集めたスナップブック。その後映画化され、被写体となった当時80才のジョイス・カルパティさんなどは、『ランバン』などハイブランドのキャンペーンモデルに抜擢されたり、テレビ番組にレギュラー出演している。

 いつまでもキレイであり続けることに決して執着するわけではなく、ごく自然に楽しむ。するといつのまにか生活も生き方も色鮮やかに輝き出す。その様子に同世代は衝撃を受けた。

 一方で、20代の若者から、シニアに突入する直前の50代までの世界中の女性たちにとっては新たな“シニア世代のお手本”となった。

 日本でも60代以上の女性のファッションスナップをまとめた『OVER60 Street Snap』が発売され、写真集としては、1年で異例の5万5000部を売り上げるなど大きな反響を呼んでいる。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
イオンモールで「シニア街コン」 独身者限定で年齢制限あり
シニア向け交流サイトに会員続々 結婚まで至ったカップルも
初めてのめがねには「ピンク系」と「やや太め」がおすすめ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP