ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 虫歯治療といえば、「銀歯」を思い浮かべる人も多いだろう。保険治療で使用されているため普及が進み、日本人の7割の口に銀歯が入っているという医療用品メーカーの調査結果もある。

 日本では長く「歯を削って銀歯を詰める」という虫歯治療がスタンダードとされてきた。しかし、実のところその銀歯治療が「歯を失う原因」になっていた実情があるのだ──。

「キィーン」という鋭い金属音。突然襲ってくる激しい痛みの予感。歯を削られる治療を好む患者はいないが、虫歯を治したい一心で我慢したものだった。だが、意外な事実を筆者は知った。

「日本の保険制度は、削って詰めないと保険点数が請求できません。だから小さな虫歯でも、歯科医はすぐに削る傾向があったし、痛む歯以外も診断して、あちこち“虫歯だから治療しましょう”と削っていました。

 ある程度の大きさ以上でないと、銀歯の素材加工が難しいので大きく歯を削りましたし、銀歯が外れないように歯を削る教育が重視されていました。実は虫歯の部分は削っても痛くないんです。健康な部分を削るから痛い。痛いのは“削る必要のない部分も削っている”からです」

 こう語るのは、世界的に名を知られる歯科分野のリーダー・田上順次博士(東京医科歯科大学・副学長)。

 さらに銀歯治療を繰り返すと、今度は神経を抜く治療になり、やがて抜歯という“終着駅”に着く。

「神経を抜く治療に際しては、歯に穴を開けてバイ菌を掃除しますが、この時に歯を大きく削ります。削るから歯が薄くなって、割れやすくなる。歯が割れたら、簡単には元に戻りません。削れば削るほど、歯の寿命が短くなるのです」(田上博士)

 田上博士の解説をもとに、銀歯治療の負の連鎖を整理すると、以下のような流れになる。

「銀歯治療」→「健康な歯まで大きく削る」→「歯の容積が減る」→「虫歯菌が歯根に到達」→「神経を抜く」→「歯の寿命が短くなる」→「抜歯」

 さらに、長崎大学歯学部の久保至誠准教授は、歯を削ることに熱心な日本の歯学教育について証言する。

「昔の歯学教育には、“予防拡大”という概念がありました。これは先々虫歯になるだろうと予測される健康な部分の歯も、ついでに削って、銀歯などで詰めてしまう考え方です。

 奥歯にできた比較的初期の虫歯は、型をとって填めるインレー(詰め物)を使います。この時、歯磨きでキレイに磨けるように虫歯部分よりも広く削ってインレーを填めるように教育されました」

 つまり、熱心に虫歯治療に通えば通うほど歯を削られ、歯の寿命を縮めていたのだ。もちろん時代が今とは違うが、国として虫歯治療の方向性を転換する理由を説明するべきだろう。

 そうしなければ、古い考え方の歯医者は今でも“予防拡大”をしている可能性はある。

●レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
「歯がいい人はボケにくい」との現実や歯の最新治療法を解説
長谷川理恵やKARA・ハラの歯科審美治療 一般女性にも人気
「キスしたら、虫歯や歯周病菌は感染するの?」歯科医が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP