ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アートをもっと身近に感じて!京都府のオススメ美術館・博物館をピックアップ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アートは秋限定!? 見て、知って・・・いつ行っても感性が磨かれる

京都府の美術館・博物館をご紹介!

京都国立近代美術館、京都市美術館、京都国立美術館など

建物自体がアートになっているスポットも多く、見どころいっぱい。

古今東西、様々なアートに触れて心のリフレッシュをしよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

日本の鬼の交流博物館

「日本の鬼の交流博物館」では、大江山の鬼伝説の紹介をはじめ、全国各地の鬼にまつわる伝統芸能、世界の鬼面などが展示され「鬼とは何者なのか」について考えることができます。

\口コミ ピックアップ/

大江山にある鬼に関する資料が集められた博物館です。いろいろな鬼の面や昔からの鬼瓦などの展示があるほか、鬼に関する本もいろいろと収集されており、閲覧が可能です。

中でも鬼瓦のコレクションは(実物やレプリカの展示)時代とともに鬼瓦の変遷がわかり、非常に興味深いものでした。

すぐ隣には、「大江山の家グリーンロッジ」があり、宿泊や入浴も可能です。 日本の鬼の交流博物館

住所/京都府福知山市大江町佛性寺909

TEL/0773-56-1996

「日本の鬼の交流博物館」の詳細はこちら

赤れんが博物館

”れんが”をテーマにした世界に類のない博物館。明治時代に建てられた赤れんがの倉庫を活用し国内外のれんがやれんが建造物を紹介。

\口コミ ピックアップ/

レンガの博物館などたいしたことないと期待していなかったが、滞在1時間半では足りなかった。世界や日本のレンガという関連においての話題がこんなにあるとは思わなかった。ロシア正教が認められていなかったソ連に、こんなに一杯教会が残っていることは知らなかった。意外な穴場かもしれない。 赤れんが博物館

住所/京都府舞鶴市浜2011

TEL/0773-66-1095

「赤れんが博物館」の詳細はこちら

松花堂庭園・美術館

寛永年間に書画や茶の湯等で活躍した文人僧、「松花堂昭乗」をテーマにした美術館。松花堂弁当のヒントとなった昭乗愛用の絵の具箱なども展示。平成21年で松花堂昭乗没後370年をむかえ、特別展や講演、市民研究員を募った松花堂昭乗研究所を発足した。

\口コミ ピックアップ/

松花堂庭園がすごくきれいです。完成度が高い日本庭園です。規模は小さく、道もわかりやすく、回りやすかったです。子連れでもいいかも(うちは抱っこで行きました)。特に冬場、ちょっと散策にはさむいですが、椿の時期がすばらしいです。 松花堂庭園・美術館

住所/京都府八幡市八幡女郎花43

TEL/075-981-0010

「松花堂庭園・美術館」の詳細はこちら

アサヒビール大山崎山荘美術館

濱田庄司、バーナード・リーチの陶器、モネの絵画「睡蓮」等。天王山の麓に、大正から昭和初期にかけて建てられた洋館には、河井寛次郎や濱田庄司、バーナード・リーチらの陶器を中心に展示。安藤忠雄氏設計の新館には、モネの「睡蓮」などの絵画が。美しい建物や庭、眺望も必見です。

\口コミ ピックアップ/

5500坪の敷地面積の庭園があります。本館の2階カフェテラスからのながめもまたいいのです♪阪急電車であれば大山崎駅から徒歩10分程度で到着。

私は春に行きましたが四季折々の自然が観察できるので秋にも行ってみたいと考えている場所です。民藝運動に参加した作家をメインに家具などのコレクションが展示されています。安藤忠雄さん設計の地中館もまたおすすめ! アサヒビール大山崎山荘美術館

住所/京都府乙訓郡大山崎町

TEL/075-957-3123

「アサヒビール大山崎山荘美術館」の詳細はこちら

京都府立堂本印象美術館

ここには日本画の大家・堂本印象の作品が数多く展示公開されている。金閣寺前から竜安寺への、衣笠山の山麓を通る観光道路の途中にある同館は、アブストラクト風の外装と、きらびやかな装飾を施した豪華な館内、この建物自体も本人の手により設計された造形作品となっている。

\口コミ ピックアップ/

2015年春の特別企画展、「三輪晁勢―色彩の歓喜―」を見に行きました。

誰もが小学校のときに経験のある水彩画ですが、水彩画ってこんなに美しく優しいんだと再認識しました。

美術館と金閣寺は徒歩15分くらい。散歩にもちょうどいい距離です。 京都府立堂本印象美術館

住所/京都府京都市北区平野上柳町26の3

TEL/075-463-0007

「京都府立堂本印象美術館」の詳細はこちら

月桂冠大倉記念館

伏見の町のいたるところで見かける酒蔵は、伏見の象徴的存在だ。その中でも、古い歴史を誇るのが月桂冠の大倉酒造。その本社近くには、土蔵造の建物を利用して造られた、大倉記念館が立つ。

ここでは酒造りのプロセスを映像と展示パネルで解りやすくガイドするほか、昔、酒造りに使ったという道具などを展示。 利き酒もさせてくれ帰りには日本酒のみやげも。見学は事前に予約必要(15名以上の団体)。

\口コミ ピックアップ/

造り酒屋の倉が建ち並ぶ伏見で大手酒造メーカーの月桂冠が資料館として公開している大倉記念館です。お酒の作り方に付いて実物の道具とパネルでていねいに説明されています。

日本酒にはあまり詳しくありませんでしたが作る工程によって違った味のお酒が出来上がってくることを学びました。いくつかのお酒の利き酒もできるので新しい発見があって面白いと思います。 月桂冠大倉記念館

住所/京都府京都市伏見区南浜町247

TEL/075-623-2056

「月桂冠大倉記念館」の詳細はこちら

京都国立博物館

京都に都が置かれた平安時代から江戸時代の京都文化を中心とした文化財について、収集、保存、管理、展示、調査研究、教育普及事業等を行っています。

\口コミ ピックアップ/

京都国立博物館は、時期に合わせていろいろな展示物をしています。たまたま、興味のある「ヨーロッパの陶器展」をしていたので、訪れました。洋風な建築には、歴史を感じます。京都には、お寺や神社だけでなく、美術館、博物館巡りもお勧めします。 京都国立博物館

住所/京都府京都市東山区茶屋町527

TEL/075-525-2473

「京都国立博物館」の詳細はこちら

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

明治維新に活躍した志士の遺品,遺墨等

\口コミ ピックアップ/

坂本竜馬は比較的好きなので、高知などでもたくさん竜馬関係を見に行きましたが、京都も竜馬にかかわる場所なので、ここを訪れました。場所柄清水寺などとセットでもいけるし、展示も充実しているので、竜馬が好きな方(幕末が好きな人)なら、ぜひ。 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

住所/京都府京都市東山区清閑寺霊山町1

TEL/075-531-3773

「幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」」の詳細はこちら

京都府京都文化博物館

京都の歴史・工芸・美術、民俗、考古映像資料の展示

\口コミ ピックアップ/

京都文化博物館では、古代メキシコ・オルメカ展という展覧会を見に行きました。

案内も丁寧でとても、楽しく、おもしろかったです。

他の階には無料で見れる展示物もあるので、時間をかけてみてほしいと思います。

下の階には、町屋風のお店があります。食事もできるし、お買いものもできます。とてもいい雰囲気です。 京都府京都文化博物館

住所/京都府京都市中京区三条通り高倉上ル

TEL/075-222-0888

「京都府京都文化博物館」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

アートをもっと身近に感じて!石川県のオススメ美術館・博物館をピックアップ!
今年はここから見よう!注目花火大会&おすすめ観賞スポット【佐賀編】
宮城初のワイナリーも登場!休日はワクワクの新スポットへお出かけしよう!【宮城・仙台】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP