ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【青森県】奥入瀬渓流・十和田湖・大間崎など一度は訪れたい絶景スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい青森県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

≪スポット(例)≫

奥入瀬渓流・十和田湖・白神山地・大間崎・恐山など…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

奥入瀬渓流

十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。

十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを加える。

新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観をみせる。1928年に天然記念物に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

ここ奥入瀬は自然が豊かで美しく空気も澄み切って‥

心も体もその景色に癒されます。

渓流に続く滝があちこちにあります。

この滝もマイナスイオンがタップリ!

春夏秋冬いつ訪れても最高です。

私が行ったのは緑が一杯の時。

マイナスイオンをたっぷり吸って生き返りました。 奥入瀬渓流

住所/青森県十和田市

TEL/0176-75-2425

「奥入瀬渓流」の詳細はこちら

種差天然芝生地

種差海岸の代表的景観。美しい芝生が水際まで広がっている様子は、まるで異国のよう。芝生と海が織り成す造形美は、多くの文人たちに愛されました。芝生地の北側にはキャンプ場も設けられています。

\口コミ ピックアップ/

芝生の有る海岸って珍しいと思います。岩場にはカニもいるし、大人は芝生でリラックス出来るし、最高です。遊歩道も整備されていて、植物を楽しみながら、いい運動が出来ます。

大盛りウニ丼も安くてうまい!!! 種差天然芝生地

住所/青森県八戸市鮫町

TEL/0178-46-4040

「種差天然芝生地」の詳細はこちら

恐山

比叡山、高野山とともに日本三大霊場に数えられる恐山は貞観4年(862年)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄えた。

風車がカラカラと回り、荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ちこめる様子は、地獄や浄土に見立てられている。田名部海辺三十三観音の最終札所として、シーズンを通して参拝者が訪れる。夏の恐山大祭は多くの参詣者でにぎわう。

\口コミ ピックアップ/

別世界です。絶対一度は行くべき!

三途の川を渡った向こう側にある、恐山。荘厳というか、その迫力に圧倒されました。

賽の河原を通り過ぎた先の極楽浜の怖いくらいの静けさは一見の価値ありだと思います。 恐山

住所/青森県むつ市田名部宇曽利山

TEL/0175-22-3825

「恐山」の詳細はこちら

十和田湖

典型的な二重式カルデラ湖で新緑,紅葉は見事。特別名勝地に指定され,ヒメマスが名産。遊覧船による湖上遊覧のほか,レンタサイクルでのサイクリングも楽しい。また,鉛山~大川岱~滝ノ沢には湖岸遊歩道があり,散策には好適。

\口コミ ピックアップ/

穏やかで青く澄んだ湖面と周囲の山々で、自然溢れる景色が広がっていました。その広さと静かさで心が洗われるようでした。遊覧船も運行されていました。

この遊覧船で湖上を巡ると美しい湖をゆったりと眺めながら進んでいくことができますのでお勧めです。 十和田湖

住所/秋田県鹿角郡小坂町十和田湖

TEL/0176-75-2425

「十和田湖」の詳細はこちら

龍飛崎

津軽半島北端の岬で絶壁となって海に落ち灯台がある。戦時中要塞地帯であったが今は旅行者も多く訪れる。

\口コミ ピックアップ/

初夏の天気の良い日に初めて行きました。風が強いイメージでしたが心地良い風が吹いていて過ごしやすかったです。漁船が横行する景色が素晴らしく、北海道を眺めることも出来てとても感動しました。

また小さなお土産屋さんが3軒あったので少しお邪魔しました。そこで龍飛崎の名前の由来を親切に教えて頂きました。 龍飛崎

住所/青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜

TEL/0174-37-2001

「龍飛崎」の詳細はこちら

大間崎

本州最北端,北海道を望む地。海上に弁天島が浮ぶ。

\口コミ ピックアップ/

眼前に広がり海と空、潮の香りと潮風、波音にカモメの鳴き声…五感が癒されました。

海を見ながら食べた焼きたての大間マグロは今まで食べたマグロの中で一番美味しかったです。 大間崎

住所/青森県下北郡大間町大字大間字大間平

TEL/0175-37-2111

「大間崎」の詳細はこちら

尻屋崎

岩礁が多く古来より難波岬として恐れられてきた。台地は白い燈台と牛馬の放牧で明かるい風景を見せる。(寒立馬が有名)

\口コミ ピックアップ/

すぐそばに寒立馬!

太平洋と津軽海峡の境界線を見渡せる尻矢崎は寒立馬でも有名で、車で道路を走っていると、いたるところに寒立馬がお出迎え。出産の時期はおなかの大きい母馬も見ることができます。

景色は文句なしの絶景で、海と空のコントラストは最高です。 尻屋崎

住所/青森県下北郡東通村尻屋

TEL/0175-27-2111

「尻屋崎」の詳細はこちら

仏ヶ浦

白緑色の奇岩が仏のように群立し極楽浄土の観がある。岩の名前も仏に因む。大町桂月の歌碑がある。

\口コミ ピックアップ/

北国とは思えない、エメラルドブルーの澄んだ海に真っ白な砂浜、南国風な海と正反対に霊場ならではの積み石やお地蔵さん、そして不思議な岩の数々。岩場なのでベビーカー等は難しいですが、この海の色をみるだけでも行く価値があります! 仏ヶ浦

住所/青森県下北郡佐井村

TEL/0175-38-2111

「仏ヶ浦」の詳細はこちら

銚子大滝

幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる唯一の奥入瀬渓流最大の滝。

この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。

\口コミ ピックアップ/

奥入瀬渓流にある滝です。豊富な水量と美しい水飛沫が印象に残るおススメのスポットです。夏場に行きましたが、暑さを忘れさせられる滝です。奥入瀬に行ったら、この滝だけは外さない方が良いでしょう。 銚子大滝

住所/青森県十和田市

TEL/0176-75-2425

「銚子大滝」の詳細はこちら

岩木山(津軽富士)

鳥海火山脈に属する休火山で,青森県で一番標高の高い岩木山は、津軽平野のどこからでも見ることができ、広く裾野を引いた姿の美しさから津軽富士とも呼ばれる。

昭和50年には津軽の名山として津軽国定公園に指定された。なお、古来より信仰の山として知られている。

\口コミ ピックアップ/

広~い津軽平野のどこからでも見える岩木山、「津軽富士」と呼ばれるほど美しい山です。

見る場所、見る季節、見る人によってさまざまな顔を見せてくれます。

姿は秀麗で、裾野がなだらかに広がる様子も富士山にそっくりですね。

リンゴの実が赤く色付く頃、またこの姿を見てみたいものです 岩木山(津軽富士)

住所/青森県弘前市

TEL/0172-35-1128

「岩木山(津軽富士)」の詳細はこちら

八甲田山

青森市の南側にそびえる八甲田山。「八甲田山」といっても、ひとつの山をさすのではない。大岳(標高1,585m)を主峰として高田大岳、井戸岳、赤倉岳、前嶽、田茂萢岳、小岳、硫黄岳、石倉岳、雛岳の10の山々を北八甲田といい、 櫛ケ峰をはじめ6峰の山々を南八甲田という。那須火山帯に属す。

6月は新緑、10月は紅葉、11月下旬から5月中旬までスキーができる。秋には全山紅葉し、たくさんの観光客が見物に訪れる。現在の火山活動は穏やか。麓には、小さな温泉が点在している。日本百名山の一つ。

\口コミ ピックアップ/

那須火山帯の中の八甲田火山。大岳 井戸岳 赤倉岳など10の山々と6峰の山々。四方に綺麗にすそを開くようになっていて、川が多く流れていました。

上流では、美しい渓谷や滝が見ることができます。火山のなごりとして地獄沼や温泉が多くあります。大自然に包みこまれたような感覚になりました。 八甲田山

住所/青森県青森市

TEL/017-738-0343

「八甲田山」の詳細はこちら

白神山地

1993年12月に世界遺産に登録。旧岩崎村と旧深浦町を分ける分水嶺に最高峰の向白神岳(標高1,243m)がある。

\口コミ ピックアップ/

さすが世界遺産です。広大な自然に魅了されます。

散策でもあまり平淡ではないので体力はいりますがその価値があると思います。

不安がある方でも車、人気の五能線からの眺めでも十分に自然を満喫できると思います。 白神山地

住所/青森県西津軽郡深浦町ほか

TEL/0173-74-4412

「白神山地」の詳細はこちら

十二湖

白神山地の西麓に点在する30余りの湖沼群で,広葉樹の原生林の中,新緑紅葉太古のままの自然美は見事。

\口コミ ピックアップ/

今まであんなにきれいな湖は見たことがありません!

確かに青い色なのに、底が見えるくらい澄んでいて周りの木も雪も、すべてが幻想的でした。 十二湖

住所/青森県西津軽郡深浦町松神山国有林内

TEL/0173-74-2111

「十二湖」の詳細はこちら

みちのく潮風トレイル(種差海岸遊歩道)

八戸市蕪島を北の起終点とした、人と自然、人と人のふれあいをテーマとした海岸線に沿って設置されたトレイル。奇岩、怪石、白砂を眺めながら松林の中を散策できる。遊歩道沿いには四季折々山野草が咲き乱れる。

\口コミ ピックアップ/

変化に富んだ景色を楽しむことができる遊歩道です。

砂浜あり、岩場あり、松の生えた傾斜地ありと景色の移り変わりが美しくて楽しいです。

種差海岸は海辺に天然芝という、珍しい光景を楽しむことができます。

最近ビジターセンターもできて、より観光しやすくなりました。 みちのく潮風トレイル(種差海岸遊歩道)

住所/青森県八戸市

TEL/0178-46-4040

「みちのく潮風トレイル(種差海岸遊歩道)」の詳細はこちら

千畳敷海岸

凝灰質の泥岩で寛政4年の地震で地盤隆起し、千畳敷と呼ばれる奇観を呈す。日本の夕陽百選・日本の水浴場55選に認定された。

\口コミ ピックアップ/

自然が作り出した奇妙な海岸。隆起してできたらしいがその膨大なエネルギーは想像もつきません。本当にすごい景色が望めます。 千畳敷海岸

住所/青森県西津軽郡深浦町北金ケ沢榊原

TEL/0173-74-2111

「千畳敷海岸」の詳細はこちら

※この記事は2016年6月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

新緑の大山と旬の白イカを満喫!初夏の鳥取おすすめドライブルート
全部ハズレなし!地元民がオススメするご当地の美味しいお土産ベスト10 【奈良県編】
【千葉県】犬吠崎・白浜海岸・養老渓谷など一度は訪れたい絶景スポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP