体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界5周以上した5人に聞いた「もう一度行きたい国」まとめ

世界5周以上した5人に聞いた「もう一度行きたい国」まとめ

東京・高田馬場にある国際NGOピースボートの事務所には、世界一周を経験済みの数十人のスタッフが、日々集っています。

地球を何周もした猛者が、それでもなお「もう一度行きたい国」ってどこなんだろう?そんな素朴な疑問の答えを見つけるべく、ピースボートセンター(通称ピーセン)へ潜入。インタビューに答えてくれた5人、それぞれの「もう一度行きたい国」を紹介します。

 

マダガスカル共和国「6回行っても飽きないほど自然と民族が豊か」
by 大村祐子キャロラインさん【世界一周5.5回】

067A0760

マダガスカルといえば…?正直「アフリカの離島」ぐらいしか、イメージがありませんでした。「インターネットでも情報が少なくて、行かないとわからないことがたくさんあるから、行ったほうがいい!まず、とにかくデカいんです。」という大村さん。

情報をもとに調べてみると、その国土面積は587,000 km²で日本の377,900 km²の約1.5倍。えー!沖縄くらいかと思っていました。

 

IMG_1823 IMG_1821 IMG_1930

「星の王子様」に出てくる巨木バオバブで知られるマダガスカル。大村さんは「自然の表情の豊かさは、バオバブだけでは語れません」と話します。

 

IMG_1863

「車で走っていると森や植物の雰囲気が変わるし、遊牧民もいれば 漁民の村もあり、たくさんの異なる民族があり、人々のアイデンティティもさまざま。アフリカと東南アジアが交わる島で、いろいろな顔立ちの人がいて伝統宗教の習慣がおもしろいです」

 

IMG_1901

人間と自然の多様性に出会える、壮大なフロンティアが広がっていそうです。

IMG_3303

 

クロアチア共和国「住民の愛に守られた旧市街がただただ美しい」
by 畑浩三さん【世界一周5回】

067A0750

畑さんが「3回行ったけど、また行きたい!何回でも行きたい!」と推すのが、クロアチア共和国のドブロブニクです。

ピースボートクルーズでも、地中海の中でも特に海がキレイなアドリア海を航海してたどり着く海辺の町。「アドリア海の真珠」とも呼ばれています。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。