ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界5周以上した5人に聞いた「もう一度行きたい国」まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・高田馬場にある国際NGOピースボートの事務所には、世界一周を経験済みの数十人のスタッフが、日々集っています。

地球を何周もした猛者が、それでもなお「もう一度行きたい国」ってどこなんだろう?そんな素朴な疑問の答えを見つけるべく、ピースボートセンター(通称ピーセン)へ潜入。インタビューに答えてくれた5人、それぞれの「もう一度行きたい国」を紹介します。

 

マダガスカル共和国「6回行っても飽きないほど自然と民族が豊か」
by 大村祐子キャロラインさん【世界一周5.5回】

マダガスカルといえば…?正直「アフリカの離島」ぐらいしか、イメージがありませんでした。「インターネットでも情報が少なくて、行かないとわからないことがたくさんあるから、行ったほうがいい!まず、とにかくデカいんです。」という大村さん。

情報をもとに調べてみると、その国土面積は587,000 km²で日本の377,900 km²の約1.5倍。えー!沖縄くらいかと思っていました。

 

「星の王子様」に出てくる巨木バオバブで知られるマダガスカル。大村さんは「自然の表情の豊かさは、バオバブだけでは語れません」と話します。

 

「車で走っていると森や植物の雰囲気が変わるし、遊牧民もいれば 漁民の村もあり、たくさんの異なる民族があり、人々のアイデンティティもさまざま。アフリカと東南アジアが交わる島で、いろいろな顔立ちの人がいて伝統宗教の習慣がおもしろいです」

 

人間と自然の多様性に出会える、壮大なフロンティアが広がっていそうです。

 

クロアチア共和国「住民の愛に守られた旧市街がただただ美しい」
by 畑浩三さん【世界一周5回】

畑さんが「3回行ったけど、また行きたい!何回でも行きたい!」と推すのが、クロアチア共和国のドブロブニクです。

ピースボートクルーズでも、地中海の中でも特に海がキレイなアドリア海を航海してたどり着く海辺の町。「アドリア海の真珠」とも呼ばれています。

 

「旧市街を囲む城壁の門から入っていくと、地面が大理石に変わるんです。映画のセットに迷い込んだようだけど、散歩していると洗濯物が干してあるのを見かけたり、暮らしの匂いが漂う素朴さもあります。さらに、メシもうまい。イカスミのパスタとか」

 

ためいきが出るほど美しく統一されたオレンジの屋根をよく見ると、ところどころオレンジの濃さが違う部分があるそうです。

「旧ユーゴスラビアの民族紛争の傷跡です。攻撃されて壊れた屋根を、住民の手で直して元どおりにした痕跡でもあります」

 

そんなエピソードから住民の街への愛を感じられるのも、畑さんがドブロブニクを好きな理由のひとつ。今では街を見下ろせるビューポイントにロープウェーで行けるようになりましたが、初めて行ったときはまだロープウェーがなかったそう。

「ヒッチハイクに応じてましたが、全く逆方向に連れて行ってくれたことをなつかしく思い出します」

 

人の手から手へと守り継がれながら、時を経てきた街にしかない雰囲気。そのあたたかな雰囲気の中で、思いっきり深呼吸できる場所なのだろうと思います。

 

ガラパゴス諸島「ペンギンのほうから近づいてきて一緒に泳いだ!」
by 寺島徳子さん【世界一周7回】

ガラパゴス諸島は、南米エクアドル領の諸島です。19の主な島と小さな島や岩礁すべてが世界自然遺産になっている、圧倒的な野生の世界。寺島さんも、現地で野性味あふれる経験をしたそうです。

「もともとペンギンが大好きで、見られたらいいな、と思ってたんです。そうしたら、ビーチで泳いでいる時に目の前にやってきて!人間のほうからは近づいちゃいけないルールなのでそっと見ていたら、向こうから近づいてきてくれました」

ほかにもアオアシカツオドリやゾウガメなど、ガラパゴス諸島でしか見られない生き物がわんさかいるそう。

「現地の高校生と一緒にスカレシアの木を植林するプログラムがあります。前に行った時に植えた木が、次に行った時に大きくなっていたりすると、つながりを感じられて嬉しい」と、ピースボートクルーズならではのエピソードも。

島好きの私としては、行きたい場所がまた増えてしまいました。

 

アルゼンチン「世界最南端の都市から氷河に出かけてソリ遊び」
by 光枝萌美さん【世界一周6回】

世界最南端の都市は、アルゼンチンにあります。ウシュアイアというおまじないみたいな名前の街。

ここからは「氷河のトレッキングツアーがめちゃくちゃ気持ちいい!アウトドアメーカーのパタゴニアのロゴになっているフィッツ・ロイ峰もこの目で見ました。

世界じゅうでいろいろな景色を見た中で、一番キレイ!」と、光枝さんが絶賛する氷河に出かけることができます。

 

「氷河に触ったり、そのときに着ていたジャケットを脱いで、ソリにして滑ったり、氷河と思いっきり戯れました」

ウシュアイアを囲むように広がる「アルゼンチンフィヨルド」を眺める遊覧クルーズもオススメとのこと。

 

「現地に行くと、世界最南端証明書がもらえます。その先は南極しかない、世界のはじっこです」そこが最果てなら、ぜひ一度は行きたいですね。

 

イースター島「謎めいたモアイ像は何度見ても飽きない」
by 鈴木隆之さん【世界一周11回】

世界を11周もすると、飽きてしまう旅先もやっぱりあるそうです。鈴木さんが「それでも何度でも行きたい」と話すイースター島の魅力は、なんといってもモアイ像。

遠く離れた日本の渋谷にもレプリカがあり、スマホで「モアイ」と打つと絵文字に変換されるほど有名なモアイ像。実物を見ると、どんな気持ちになるのでしょうか?

 

「僕は『なんでこんなことに?』と思うような謎めいたところが好きで、モアイは10代の頃からファンでした。

だから、船が少しずつイースター島に近づき、憧れのモアイが小さく見えた時には、本当にうれしかった。船はモアイが見える沖合に到着し、そこから小さいボートに乗り換え、上陸と同時に本物のモアイとご対面。『感動』の一言でした」

 

all photo by 国際NGOピースボート

ほかにも「タヒチやセイシェル、マダガスカルとか、海や自然と戯れる寄港地は何度行っても飽きない」とか。聞けば聞くほど、世界は広いです。

こうなると、いったい何をすればいいのかわからなくなってきます。

 

まとめ

いかがでしたか?私は、行きたい場所が一気に5つも増えて、嬉しい悲鳴です。インタビューに答えてくれた5人のみなさんには、感謝とともにジェラシーがふつふつと。

今回話してくださったことは、きっとほんの一部。あとは自分で行って、確かめるしかないのだと思います。

次の記事では、ピースボートスタッフ60人に「もう一度行きたい国をひとつだけ」選んでもらったアンケート結果をお届けします。

待ちきれない方は、ピースボートセンター(とうきょう おおさか よこはま なごや ふくおか)へ。猛者たちに直接お話が聞けます。またイベントもやっているので、公式facebookもチェックしてみましょう。


関連記事リンク(外部サイト)

日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」で行く世界一周クルーズの特徴は?
バハマの豚の島『ビッグ・メジャー・ケイ』にGO
新卒を捨てて、地球一周の船旅に出た物語

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP