体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[Alexandros]、初の大阪城ホールワンマンに1万3千人が大興奮

6月26日、大阪市中央区にある大阪城ホールにて[Alexandros]のファン感謝祭的なライブイベント『Premium V.I.P. Party』が行われた。
6月26日(日)@大阪城ホール(photo by 森好弘) (okmusic UP's)
昨年は日本武道館で行われたが、今年は西に場所を移し、[Alexandros]としては初の大阪城ホールワンマンライヴとなった。客席360度すべてを解放し、ステージの周りにはぐるりと花道が設置され、約1万3千人が盛り上がった。

SEが鳴り響く中、色とりどりのレーザーで会場が包まれると大型ビジョンには『Premium V.I.P. Party』の文字が。 銀煙弾と共にメンバーがステージに登場し、「Starrrrrrr」でV.I.P. Partyがスタート!

音の波形がビジョンに映し出され2曲目の「Kill Me If You Can」でギターからハンドマイクに持ち替えた川上洋平(Vo.&Gt.)が両手を挙げて観客を煽ると会場からは待ってましたと言わんばかりに大歓声が起こった。 赤いランプが光りサイレンが鳴り響き「Girl A」「Boo!」と続く。サビ部分ではビジョンにリリックが畳み掛けるように映し出され、曲の激しさを演出。 メローな白井(Gt.)のギターが鳴り響く中、「今日は来てくれてありがとう、大阪!最高な夜にしようぜ!」と川上が叫び「For Freedom」へ。観客からは悲鳴にも近いほどの歓声が飛びそしてみんなわかりきったように曲に合わせて手拍子が起こった。

サポートキーボードのロゼのピアノが響き渡り、今までの激しさとは一転しアンニュイな雰囲気漂う「In your face」へ。 「懐かしい曲をやっていいですか?」と「Wanna Get Out」そして、「ワタリドリ」では、会場全体が揺れんばかり大歓声と大合唱が起こり、川上がステージ周りに巡らされた花道へ。観客はあまりの至近距離に大熱狂。

そしてビジョンには大阪の夜景が映し出され、「2pm36thfloor」の文字の前に「Osaka」の文字が浮かび上がり「tokyo2pm36thfloor」を大阪バージョンに変えた演出に大阪のファンからは拍手が起こった。 庄村のドラムが「city」のイントロを叩いたかと思わせるや、曲は「Famous Day」へ。[Alexandros]らしい憎い演出だ。

白井のギターソロコーナーが始まったかと思いきや、そこにストリングスチームがジョイン。もの悲しげな音が鳴り響くがなんか聞いたことあるメロディが・・・・。「Dog 3」と気づいたファンからはストリングスが入りあまりにも原曲と違うアレンジに笑いと大きな拍手が起こり、ロックとクラシックが融合したような「Dog 3」がスタート。「Cat 2」ではファイヤーボールが吹き出し観客は大興奮、白井のギターが鳴り響く間奏では白井が「お前ら炎より熱くなってるか?お前らの炎より熱い感情見せてくれ!行けるか大阪~ !!」と叫びファンは踊り狂った。そして「Kick&Spin」では白井が演奏しながら花道へ、それに続き、磯部(Ba.&Cho.)が反対側の花道へと進み、フェスでお馴染みのナンバーだけに会場は白熱状態。 一瞬の静寂の後「NEW WALL」で銀テープが飛び出し、会場中がキラキラと幻想的な空間が広がった。

そして、ライヴ開始から MC無しで17曲ぶっ続けに演奏を行い、川上が本日初のMCへ。「改めまして、[Alexandros]です。大阪城ホール楽しんでますか? え~、初の MCです(笑) ぶっ放したな~、一切喋んなかったよ。気持ちいいね~、大阪はね、実はアマチュア時代から、白井君が加入する前から、夜行バスに乗って来てたんですが、心斎橋のアメ村のライブハウスでやったんですよ。お客さんなんて当然いないわけですよ。だから三角公園で『タダでいいので来てください!』って(フライヤー)配ってましたね。その時のフライヤーがね『たいげん』というたこ焼き屋さんに貼ってあるんで、よかったら見てください(笑)」 と大阪の思い出を語り、会場からは拍手と声援が飛び交った。

また、ファッションブランド『GLOBAL WORK』のTVCM曲で話題を呼んだ「Feel like」を初披露した。 「最後一緒に歌ってください」と「Adventure」を演奏し「俺が一番大好きな街、大阪!ありがとう!」と川上が本編を締めくくった。

アンコールは会場後方よりメンバーが登場し、サブステージでスタートした。「(後ろから現れて)びっくりしましたか? いいですね。気持ちいい」と川上が語り、磯部が「作戦成功!」と茶目っ気を見せた。そして演奏は「spy」へ。「(サブステージは)みんなが思ってるより最高の眺めだね。ちょっと狭いね。路上ライブ時代を思い出す。なんならスタジオって感じ。なんか懐かしい感じ。じゃ、懐かしい歌を懐かしいバージョンで歌ってみましょうかね」と言ってアコースティックバージョンで「You’re So Sweet & I Love You」を軽く歌い、そのままをバンドで熱演。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。