ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「北極海」のど真ん中で、たった一人のリサイタル。いったいナゼ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年6月19日に公開された、1本の動画。

場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウディ。映画『最強のふたり』の音楽を手掛けたピアニストと聞けば、ピンと来る人も多いでしょう。

演奏中も崩れていく海氷

地球温暖化の影響によって、1979年時と比べると約2/3ほどに縮小しているとも言われる、北極海の海氷。この事態に警鐘を鳴らすべく、エイナウディに演奏を依頼し動画作成を行ったのは、国際環境NGOの「Greenpeace」スペイン支部。

約3分ほどの演奏中にも、美しい音色とともに崩れゆく海氷の重音が響き渡り、事態の深刻さがこちらにも伝わってくるようです。

「誰か北極海を救って」、こんなメッセージが動画の最後に打ち出され、およそ800万人の人々が同じ意志に賛同しているとも。でも……。

ビジネスチャンスと捉える国も

温暖化や海面上昇が懸念される一方で、海氷が溶けることにより確保される「北極海航路」や、氷の下に眠る石油などの「海底資源」に、関係国や企業が目を光らせているのも、また事実。

あなたは、この「Elegy for the Arctic(北極のエレジー)」から、何を感じますか?

Licensed material used with permission by Greenpeace Spain

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP