ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

色覚異常から見える世界は、色が他人と違う!?

  • ガジェット通信を≫


色が人と違って見えることを「色覚異常」と呼びます。この症状には、先天性と後天性があります。

今回は、「色覚異常」の先天性、後天性の違いから、見え方や性質についてまで、詳しい話を医師に聞いてきました。

先天色覚異常とはなんですか? どんな症状が出ますか?

先天色覚異常とは、生まれつき色が違って見えてしまうことです。最初は自分の見え方が他人と違うということには気づいておらず、不自由も感じていません。

しかし、自動車教習所などで色覚検査を受けたり、絵に色を塗るときに一般的な色遣いをしないなどのきっかけで、自分や周りが気がつくこともあります。

同じ先天色覚異常でも、人によって細胞の数がばらばらですので、全員が同じ見え方をしているわけではなく、実際にどう見えているのかを体験することは難しいです。

先天色覚異常の原因を教えてください。

人間は、眼球の奥のスクリーンである網膜という組織にある「錐体(すいたい)細胞」という細胞が光を捉えることで、色を認識します。

赤を見たときには赤錐体細胞が反応し「赤だ」という信号を脳に送ることで、赤という色が見えます。赤と緑の中間の色は、赤錐体と緑錐体が同じぐらい反応します。

先天色覚異常は、生まれつきの錐体細胞の遺伝子に特徴があり、赤錐体が全く形成されていない、もしくは通常より少ない数しかないために、色の見え方に特徴が出てきます。

先天色覚異常は遺伝性がありますか? 発症しやすい性別は?

日本人では男性の20人に1人、女性の500人に1人が先天色覚異常があるので、病気や障がいというより、見え方の個性と考えたほうがよいでしょう。

なぜ男性に多いかというと、女性はX染色体を二つ持っているため、一つが異常でももう一つでカバーできるのに対し、男性はもともとX染色体を一つしか持っていないため、母親から引きついだX染色体に変化があるとすぐ症状としてあらわれるからです。

後天色覚異常とはなんですか? どんな症状が出ますか?

後天色覚異常とは、網膜や視神経(眼の情報を脳に伝える管)、脳自体の病気により、色の見え方が違ってくる病気です。

眼疾患の一つの症状として起きるので、症状は原因により、さまざまです。

色覚異常で区別がつきにくいのはどんな色ですか?

色覚異常、特に先天性では赤錐体や緑錐体に問題が起こることが多いですが、このような場合以下の状態になります。

・緑の木々の中に紅葉が混じっていても気づきにくい

・緑の黒板の赤いチョークの文字が見づらい

・信号が赤の点滅か黄色の点滅か分かりにくい

・桜のピンクと白色の区別がしにくい

・肉の鮮度が落ちていても見分けがつきにくい

また、緑と青緑と水色など近い色も見分けにくくなり、特にくすんだ色の場合や、薄暗い場所での見分けが難しくなります。

最後に医師からアドバイス

地下鉄の表示、ポスターや掲示物など、不特定多数の方が目にするものについては、色だけに頼った情報の伝え方をするのではなく、合わせて言葉でも表現したりするといった工夫がされています。

もし、お子さんなど家族の色の見え方に「個性があるな」と思われた場合、眼科での検査を受け、見え方の特徴を把握しましょう。見えづらい場面での工夫や危険回避を考えることが必要です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

肌の色素がない!? 先天性白皮症「アルビノ」とは?
受けるかどうかはあなた次第…【羊水検査】のメリット・デメリットについて
男女両方の性機能をもつ!?『半陰陽』をご存知ですか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP